「ガイウス・クラウディウス・プルケル (紀元前177年の執政官)」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: es:Cayo Claudio Pulcro (cónsul 177 a. C.))
'''ガイウス・クラウディウス・プルケル''' ('''Gaius(Gaius Claudius Pulcher'''), ? - [[紀元前167年]])は、共和政ローマの元老院議員。父は[[アッピウス・クラウディウス・プルケル (紀元前212年の執政官)|アッピウス・クラウディウス・プルケル]]。
 
[[アウグル]]に[[紀元前195年]]、[[プラエトル]]に[[紀元前180年]]に選ばれる。[[紀元前177年]]に[[コンスル]]に就任、[[イストリア半島]]に遠征、しかし失敗してローマに更迭される。再び遠征を試み、今度は[[リグーリア|リグリア]]へ、そして勝利を収める。[[紀元前169年]]に[[ケンソル]]に選ばれるが、業績は芳しくなく、弾劾される。しかし同僚ケンソルのグラックスが民衆に人気があったため告発は取り下げられた。そして[[紀元前167年]]に外交業務のために[[マケドニア王国|マケドニア]]へ赴き、同年死去した。
 
{{DEFAULTSORT:くらうていうす ふるける かいうす}}
[[category:古代ローマ人]]
[[category:共和政ローマの人物]]
[[category:クラウディウス氏族|ふるける かいうす]]
匿名利用者