「騒音規制法」の版間の差分

「構成」の整理ほか
(「構成」の整理ほか)
|}}
 
'''騒音規制法'''(そうおんきせいほう昭和43年([[1968年]])[[6月10日]]法律第98号(最近改正:平成17年4月27日)は、工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴つて発生する相当範囲にわたる騒音について必要な規制を行なうととも、自動車騒音に係関す許容限度を定めること等により、生活環境を保全し、国民日本健康の保護に資することを目的としている法律最終改正は、平成17年[[2005年]])4月27日法律1条)33号。
 
==目的==
この法律は、工場及び事業場における事業活動並びに建設工事に伴つて発生する相当範囲にわたる騒音について必要な規制を行なうとともに、自動車騒音に係る許容限度を定めること等により、生活環境を保全し、国民の健康の保護に資することを目的とする。(第1条)
 
==内容==
== 構成 ==
*第1章 - 総則(第1条~第3条)
**第1条:目的
**第2条:定義
**第3条:地域の指定
*第2章 - 特定工場に関する規制(第4条~第13条)
*第3章 - 特定建設作業に関する規制(第14条~第15条)
**第4条:規制基準の設定
*第3章 - 特定建設作業に関する規制(第14条~第15条)
**第14条:特定建設作業の実施の届出
*第4章 - 自動車騒音に係る許容限度等(第16条~第19条の2)
**第16条:許容限度
**第18条:常時監視
*第5章 - 雑則(第20条~第28条)
**第23条:国の援助
**第28条:深夜騒音等の規制
*第6章 - 罰則(第29条~第33条)
*附則
**一年以下の懲役又は十万円以下の罰金(行為者を罰するほか、その法人にも併科する)
 
===特定工場===
*1 金属加工機械
**イ 圧延機械(原動機の定格出力の合計が22.5KW以上に限る)
*10 合成樹脂用射出成形機
**11 鋳型造型機(ジョルト式に限る)
 
===特定建設作業===
*1 くい打機(もんけんを除く)
**くい抜機又はくい打くい抜機(圧入式くい打くい抜機を除く)を使用する作業(くい打機をアースオーガーと併用する作業を除く)