「吸光度」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
:α = 吸光係数
 
で表され、これを'''ランベルト・ベール(ランバート・ベール)の法則''' ('''Lambert-Beer law''') と呼ぶ。このランベルト・ベールの法則を使い、検量線から物質濃度を測定することが可能である。
 
== 関連項目 ==
匿名利用者