「ヴャジマ」の版間の差分

編集の要約なし
[[1494年]]、ヴャジマはモスクワ大公国に占領されその要塞となった。[[クレムリ|クレムリン]]の塔のうちスパッスカヤ塔だけが今も残る。さらに2つの重要な修道院が作られ、石造りの聖堂もその中に建てられた。そのうち3つの尖塔のある「スモレンスクのオディギトリアの[[聖母マリア|生神女]]」のイコンに捧げられた聖堂は[[1638年]]に完成したものである。同じ修道院には[[1656年]]に遡る聖堂もある。また街の大聖堂は[[1676年]]に献堂された。その他多くの聖堂があるが、ほとんどは[[バロック様式]]で建てられている。
 
ヴャジマを舞台にした戦いには、[[1812年ロシア戦役|ナポレオンのロシア侵攻]]の最中の[[1812年]]に起こったヴャジマの戦いがある。モスクワから撤退中の37,000人のフランス軍と25,000人のロシア軍が[[1812年]][[10月22日]]にヴャジマ近郊で衝突した。[[ミハイル・ミロラドヴィチ]]率いる前衛と[[マトヴェイ・ラトフ]]率いる[[コサック]]部隊が[[ルイ=ニコラ・ダヴー]]の率いるフランス軍の最後尾部隊をヴャジマの東方で襲い撤退路を塞いだ。[[ウジェーヌ・ド・ボアルネ]]と[[ユーゼフ・ポニャトフスキ]]に救援されたダヴーの部隊はロシア軍による包囲を突破した。しかしこの後のフランス軍によるヴャジマ近郊の高地およびヴャジマ市の確保の試みは成功せず、10月22日の夕方までにロシア軍がヴャジマを陥落させ、フランス軍は火を放って退却した。ロシア軍の犠牲2,000人に対し、フランス軍は6,000人を失い2,500人を捕虜にされる大敗を喫した。
 
[[Image:Vyazma monument.jpg|thumb|left|ナポレオンに対する戦勝記念碑]]
匿名利用者