「小野寺秀和」の版間の差分

m
sty
(→‎生涯: 解釈不要、介錯御願い仕る)
m (sty)
'''小野寺 秀和''' (おのでら ひでかず ('''十内'''  じゅうない)[[寛永]]20年([[1643年]])-[[元禄]]16年[[2月4日 (旧暦)|2月4日]]([[1703年]][[3月20日]])))は、赤穂浪士四十七士の一人。[[赤穂藩]]では京都留守居番(150石役料70石)の地位にあった。父は[[小野寺又八]]。母は[[多川九左衛門]]女。弟に[[岡野包住|岡野金右衛門包住]](四十七士[[岡野包秀|岡野金右衛門包秀]]の父)。姉に[[貞立尼]]([[大高忠晴|大高兵左衛門忠晴]]の室。[[大高忠雄|大高源五]]と[[小野寺秀富|小野寺幸右衛門]]の母)がいる。また[[間瀬久太夫]]・[[間瀬孫九郎|孫九郎]]父子、[[中村勘助]]なども小野寺家の縁戚。雅号は、'''里竜'''、'''悦貫'''。[[本姓]]は[[藤原氏]]。[[家紋]]は木瓜。
 
== 生涯 ==
*[[大石神社]]
 
[[categoryCategory:赤穂浪士|おのてらひてかす]]
[[categoryCategory:赤穂藩|おのてらひてかす]]
[[categoryCategory:常陸国の人物|おのてらひてかす]]
[[Category:1643年生|おのてらひてかす]]
[[Category:1703年没|おのてらひてかす]]
11,618

回編集