「昇華 (化学)」の版間の差分

 
== 用途 ==
霜の付かない[[冷凍庫]]は冷却ファンと冷凍庫内部の空気循環の賜である。この冷蔵庫は、氷点下温度と乾燥状態を保った空気循環を組み合わせることで昇華の過程を著しく加速する。その結果とこうして霜の蓄積を抑え、冷凍庫の壁と棚が凍りつくのを防ぐことが可能るが、一方でこれは冷蔵庫内にある必要なまで昇華をも促進してしまうことをも意味す欠点がある。
 
[[染料]]の昇華は、[[紙]]を含む種々の素地へカラー印刷する際にしばしば使用される。これを昇華型[[プリンター|プリンタ]]という。昇華型プリンタは、プリンタ内の小型ヒーターにより固体染料が蒸発することで色素が素地上に残る仕組みである。この種のプリンタが優れた原色比コントロールを示す場合、比較的低解像度のプリンタであっても同様の分解能を持つ他のタイプのプリンタよりも良質の印刷物を得ることが可能である。一般的な白黒レーザープリンタは、普通紙に昇華染料を含む特別な「転送トナー」を用いて印刷している。このため、熱を与えることで印刷内容を紙から[[Tシャツ]]や[[帽子]]、[[マグカップ]]、[[金属]]、[[パズル]]、およびその他素地の表面等へと永久的に写すことが可能である。
 
[[錬金術]]では、昇華は一般的に[[蒸留]]過程(物質を加熱し蒸発させ、その後に蒸留器の上部や首の部分で再凝縮させることで分取する過程)で用いられる。これは錬金術における12の主要な過程のうちのひとつである。
匿名利用者