「見知らぬ女からの手紙」の版間の差分

→‎あらすじ: 脚注部分を微修正
(→‎あらすじ: 脚注部分を微修正)
 
== あらすじ ==
[[1948年]]も暮れようとする[[北京市|北京]]<ref>当時の正式呼称は北平市。本作品の背景となった時は改名を繰り返していた為([[北京市#歴史]]の項を参照)、記事あらすじ内の記述は北京で統一した。</ref>。ある男の元に、「私のことを知らないあなたへ」との書き出しで始まる、1通の手紙が届いた。そこに綴られていたのは、彼の記憶に刻まれることのなかった1人の女、短い邂逅の中で見返りを求めることなく一途に男を思い続けた女の、18年間の半生と秘めた愛の告白だった。
{{ネタバレ|物語|スキップ=作動}}[[1930年]]、北京の[[胡同|下町]]・[[四合院]]に暮らす少女の隣に、1人の男が引っ越してきた。教養がありモダンで洗練されたその姿を垣間見た少女は、一瞬で恋に胸を焦がすようになる。その感情は、母親の再婚で[[山東省|山東]]へ転居した後も消えることはなかった。
 
[[1937年]]、憧れの人と同じ街で暮したい一心で女は北京の[[師範学校]]に進学。男とすれ違うだけで心ときめく日々に、ある日突然大きな変化が訪れた。[[反日|抗日デモ]]の鎮圧騒動の中初めて言葉を交わした2人は、気持ちの高ぶるままに一夜を共にする。女が胸の想いを明かすことはなく、男は行きずりの情事など瞬く間に忘れ去った。やがて妊娠に気づいた女は街を去り、[[四川省|四川]]で男の子を出産する。
 
[[1945年]]、2人は北京で一瞬の再会を果たす。女は[[娼婦|高級娼婦]]となっていた。男は女を全く覚えていなかった。失望、そして諦観。それでも女は毎年男の誕生日に毎年白い薔薇の花束を贈り続けた。愛を交わした日の思い出の白い薔薇の花だっを贈り続けた。
 
そして[[1947年|2年後]]、パーティーの席で顔を合わせた2人。過去を思い出さないままの男の誘いを、女は拒まなかった。翌朝、女は自分の贈った薔薇を1輪貰って静かに去った…。
 
女からの手紙は2人の間の息子の病死を告げ、女の死を暗示して終わった。手紙はこう結ばれていた。「恋に落ちたあの時から、私の心にいたのはあなただけ<!-- {{lang|zh|从那一秒钟起,我的心里就只有一个人,就是你}} -->。」{{ネタバレ終了|物語}}
 
 
== 配役 ==
匿名利用者