「ジャン・ピエール・ボワイエ」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 変更: de:Jean-Pierre Boyer)
'''ジャン・ピエール・ボワイエ'''('''Jean Pierre Boyer''', おそらく[[1776年]][[2月15日]] - [[1850年]][[7月9日]])は[[ハイチ]]の[[軍人]]/[[ハイチの大統領|ハイチ共和国大統領]] ([[1822年]] - [[1843年]])。
 
== 生い立ち ==
=== 生い立ち ===
ボワイエは[[プロヴァンス]]人の父と[[ギニア]]出身の母の子で自由な[[ムラート]]として[[ポルトープランス]]で生まれ、父の影響で[[フランス]]の士官学校で教育を受けた。その後フランス共和国軍に加わり、短期間で大隊指揮官に昇格した。次いで彼はフランスの代表部に加わり、白人と[[王党派]]に対する戦いに加わるために[[サン=ドマング]]に戻った。この直後にサン=ドマングは[[イギリス軍]]の侵攻を受けた。そして[[ジャクメル]]で[[アンドレ・リゴー]]将軍が率いる部隊に参加した<ref name=baur>{{cite book|first=John Edward|last=Baur|year=1947|title=The Journal of Negro History||edition=|pubrisher=Association for the Study of African-American Life and History, Inc.|location=|pages=pp 307-353|id=}}</ref>。リゴーら全ムラート軍は南部で[[トゥーサン・ルヴェルチュール]]に対し戦い敗れ、ボワイエは新たな友人リゴーらとフランスへ逃れた。
 
途中ボワイエは生涯に一度だけ[[アメリカ合衆国|米国]]に立寄ったが、いつもその時のことをありありと思い浮かべた<ref name=baur/>。米国滞在時に[[クエーカー]]とその慈善的な生き方に触れ、深く感銘を受けた。米仏の危機が去るとボワイエはフランスへ渡り、[[1801年]]まで[[パリ]]で過ごした。この間にフランスがムラートの権利を奪い、サン=ドマングで奴隷制を再開するつもりであったことは覆いようもなかった。ボワイエらは[[1802年]]に[[シャルル・ヴィクトール・エマニュエル・ルクレール|ルクレール]]と帰還した。ボワイエは座して見守ってはいなかった。[[アレクサンドル・ペション]]らに加わり、ムラートと黒人の連合がフランスの支配を終わらせた<ref name=baur/>。
 
=== 独立と賠償 ===
ハイチは[[1804年]]に独立し[[ジャン=ジャック・デサリーヌ]]が皇帝となるが[[1806年]]に倒され、[[アンリ・クリストフ]]の支配する北部の[[ハイチ王国]]とペションの支配する南部のハイチ共和国とに分かれた。クリストフが自殺するとペションの後継者となっていたボワイエはハイチ王国を併合した。[[1821年]]に[[スペイン領サントドミンゴ|サントドミンゴ]]が[[スペイン]]から独立すると侵攻して[[1822年]]2月にこれも併合した。ボワイエは[[1843年]]にエリート支配層の支持を失って追放されるまで[[イスパニョーラ島]]全島を支配した<ref>{{cite book| first=Jan| last=Rogozinski | year= 1999| title= A Brief History of the Caribbean| edition= Revised| publisher=Facts on File Inc.| location=New York| pages= pp 218-220| id= ISBN 0-8160-3811-2 }}</ref>。
 
ボワイエはフランスの脅威を国際的に取り除くことを願って交渉を始めた。14隻のフランスの軍艦がポルトープランス沖に停泊する中で、[[1825年]][[7月11日]]に合意が結ばれ、ボワイエは賠償に署名した。そこで5年以内に1億5000万[[フランス・フラン|フラン]]を支払う見返りとして、フランスがハイチを独立国と認めると宣言した。この金額はボワイエの交渉の末[[1838年]]に9000万フランに減額されたものの、ハイチ経済に壊滅的な打撃となり、残酷にもボワイエは賠償の最初の分を支払うためのフランスからの3000万フランの借入の交渉を強いられた。
 
ハイチの人々は自給的農業に移行していたが、このためにボワイエは半封建的[[寄生地主制|小作]]農業を強制することになった。ハイチの人々はこの状況に気分を損ね、彼らをなだめるためにボワイエは最初の革命時に試みられて放棄された土地分配計画を復活させた。大きな[[プランテーション]]は細分され、土地が分配されて、地方の住民には彼らの小自作農地に応じた生産割当てが与えらた。ボワイエ政権は1843年まで持ち堪えたが、ひどい経済状況が地震によってさらに悪化し、恵まれない地方の住民が1月末に[[シャルル・リヴィエル=エラール]]の下に蜂起した。[[2月13日]]ボワイエはハイチから[[ジャマイカ]]に逃れ、フランスに亡命しパリで亡くなった。ボワイエの子孫は今日も困窮したハイチで生活している
 
ボワイエの子孫は今日も困窮したハイチで生活している。
 
== 脚註 ==
匿名利用者