「要素」の版間の差分

数学について加筆
(数学について加筆)
'''要素'''(ようそ)とは事項の成立やその効力に必要で不可欠な条件のことである。[[数学]]では[[元 (数学)|元]]と同様に扱われるが、正しくは任意のこれ以上を分けられないものを言う
== 数学における要素 ==
[[数学]]では、複数の「もの」で構成されている[[集合]]の中において、集合を構成している個々のものを示す。[[元 (数学)|元]]と同様に扱われるが、正しくは任意にこれ以上を分けられないものを言う。また、1つも要素を含まないような集合を[[空集合]]という。
 
== 法律用語における要素 ==
[[法律用語]]においては具体的な[[法律行為]]や[[意思表示]]で、[[表意者]]にとって重要な意義を持つ部分である。これを欠くとその法律行為の特性を失うもので、[[移転債務]]や[[代金支払債務]]が代表的である。
 
[[Category{{DEFAULTSORT:法学|ようそ]]}}
[[Category:数学に関する記事]]
[[Category:法学]]
{{Math-stub}}
{{Law-stub}}