「矢部禅尼」の版間の差分

m
編集の要約なし
m
'''矢部禅尼'''(やべぜんに、生没年未詳)は、[[鎌倉時代]]中期の[[三浦氏|三浦]]一族の女性。[[鎌倉幕府]]の有力[[御家人]]、[[三浦義村]]の娘。3代[[執権]][[北条泰時]]の前妻で、4代執権[[北条経時|経時]]、5代執権[[北条時頼|時頼]]の祖母にあたる。法名は禅阿。
 
[[建久]]5年([[1194年]])2月に13歳の北条泰時が元服した際、[[源頼朝]]が[[三浦義澄]]に孫娘から良い娘を選んで泰時と娶せるよう命じた事により泰時との婚約が決められる。この8年後の[[建仁]]2年([[1202年]])8月23日、義澄の[[嫡子|嫡男]]義村の娘(矢部禅尼)が泰時に嫁ぎ、翌年長男の[[北条時氏|時氏]]が産まれるが、のちに泰時と義村の娘は離別している。時期は不明だが、泰時の後妻である[[安保実員]]の娘が泰時の次男[[北条時実|時実]]を[[建暦]]2年([[1212年]])に産んでいる事から、それ以前には離縁したものと考えられる。
3,661

回編集