「New Extend Standard Architecture」の版間の差分

編集の要約なし
SV-H98シリーズや、同社のN5200シリーズ等にも用いられたが、それ以外での採用例は無い。
 
NECが[[Extended Industry Standard Architecture|EISA]]の開発規格制定1枚噛んで関与していた関係こともあって、EISAに似たバス調停機能とリソース設定機能を持つ。ただし、EISAの欠点であったISA上位互換を実現するための非合理的な信号線配置に習わずついては、[[Cバス]]とは全く異なる新型コネクタを採用することで克服している。
 
==規格==
*高度なバス調停機能、NESA-FOと呼ばれるリソース自動設定機能を持ち、90個の接点を持つ矩形のコネクタ2つを並べた形状を持つ。後に開発された[[98ローカルバス]]において全く同じ形状のコネクタが使用されているが、互換性は無い。
*180本の端子を持ち、信号線3~43 - 4本おきに1つGNDと+5Vを配置、ノイズが発生しやすいクロック端子の脇はGND線で固めるなど、電気的に非常によく考えられた構造になっている。
*32ビットのアドレス空間、データバス幅を有する。
*8MHzで駆動され、33Mbytes/secの理論最大転送帯域を有する。
14,398

回編集