「バロン・フォン・ラシク」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
{{Infobox プロレスラー
'''バロン・フォン・ラシク'''(''Baron Von Raschke''、[[1940年]][[10月17日]] - )は[[アメリカ合衆国|米国]][[ネブラスカ州]][[オマハ]]出身の[[プロレスラー]]。本名は'''ジェームズ・ドナルド・ラシク'''(''James Donald Raschke'')。日本での[[ニックネーム|愛称]]は'''妖獣'''。
| 名前 = バロン・フォン・ラシク
| 画像 =
| リングネーム = バロン・フォン・ラシク<br />ザ・バロン<br />ジム・ラシク
| 本名 = ジェームズ・ドナルド・ラシク
| ニックネーム = ザ・クローマスター<br />妖獣
| 身長 = 191cm
| 体重 = 122kg(全盛時)
| 誕生日 = {{生年月日と年齢|1940|10|17}}
| 死亡日 =
| 出身地 = {{USA}}<br /> [[ネブラスカ州]][[オマハ]]
| 所属 =
| スポーツ歴 = [[アマチュアレスリング|レスリング]]
| トレーナー = [[バーン・ガニア]]<br />[[マッドドッグ・バション]]
| デビュー = [[1966年]]
| 引退 = [[1994年]]
}}
 
'''バロン・フォン・ラシク'''('''Baron Von Raschke'''、[[1940年]][[10月17日]] - )は[[アメリカ合衆国|米国]][[ネブラスカ州]][[オマハ]]出身の[[プロレスラー]]。本名は'''ジェームズ・ドナルド・ラシク'''('''James Donald Raschke''')。日本での[[ニックネーム|愛称異名]]は'''妖獣'''。
== 経歴 ==
 
== 歴 ==
[[コロラド大学]]などで[[アマレス]]の名選手として活躍、数々のタイトルを獲得して[[1964年]]には[[東京オリンピック]]にも出場した。自らもアマレスの名選手だった[[アメリカン・レスリング・アソシエーション|AWA]]の総帥[[バーン・ガニア]]にスカウトされて[[1966年]]に[[プロレス]]入り。プロレスでは[[スキンヘッド]]で「[[国家社会主義ドイツ労働者党|ナチ]]の妖獣」の[[ギミック (プロレス)|キャラクター]]を売り物にした。
 
[[コロラド大学]]などで[[アマチュアレスリング|レスリング]]の名選手として活躍、数々のタイトルを獲得して[[1964年]]には[[東京オリンピック]]にも出場した。自らもアマレスの名選手だった[[アメリカン・レスリング・アソシエーション|AWA]]の総帥[[バーン・ガニア]]にスカウトされて[[1966年]]に[[プロレス]]入り。プロレスでは[[スキンヘッド]]で「[[国家社会主義ドイツ労働者党|ナチ]]の妖獣」の[[ギミック (プロレス)|キャラクター]]を売り物にした。
 
[[1968年]]に[[WWE|WWWF]]世界王者の[[ブルーノ・サンマルチノ]]に挑戦して脚光を浴びる。[[1970年]]には[[ウィリアム・アフィルス|ディック・ザ・ブルーザー]]から[[インディアナポリス]]版の[[WWA世界ヘビー級王座]]を獲得。[[1971年]]11月、AWAと提携していた[[国際プロレス]]に初来日。[[ストロング小林]]の[[IWA世界ヘビー級王座]]に挑戦している。小林のIWA王座には[[1972年]]5月にも挑戦したほか、1972年の[[IWAワールド・シリーズ]]にも参加している。
 
[[1975年]]12月、[[全日本プロレス]]の[[ジャイアント馬場]]が「[[アントニオ猪木]]の[[新日本プロレス]]をも含めた他団体に広く門戸を開く」として開催した[[オープン選手権]]に国際プロレスが協力した関係でラシクも参戦する。この大会でラシクは馬場の開幕戦の相手に起用され、得意の[[アイアンクロー|ブレーンクロー]]で健闘するも、馬場の[[十六文キック]]と三十二文[[ドロップキック]]の前に敗退(なお、馬場の最終戦の相手には同じく国際の常連外国人でオープン選手権に参加していた[[ホースト・ホフマン]]が起用された)。これ以降ラシクは[[全日本プロレス]]に参戦することとなった。[[1977年]]3月には[[ノースカロライナ州]][[グリーンズボロ (ノースカロライナ州)|グリーンズボロ]]で馬場の[[PWFヘビー級王座]]に、また同年5月には[[札幌市|札幌]]で[[ジャンボ鶴田]]の[[ユナイテッド・ナショナル・ヘビー級王座|UNヘビー級王座]]に挑戦している。[[1981年]]の[[世界最強タッグ決定リーグ戦]]には「青銅の爪」[[キラー・カール・クラップ]]との「クロー・コンビ」で参戦したが、二人とも明らかに全盛期を過ぎており、馬場&鶴田組、[[ザ・ファンクス]]、[[ブルーザー・ブロディ]]&[[ジミー・スヌーカ]]、[[ハーリー・レイス]]&[[ラリー・ヘニング]]、[[タイガー・ジェット・シン]]&[[上田馬之助 (プロレスラー)|上田馬之助]]、[[ザ・シーク]]&[[マーク・ルーイン]]といった強豪の中に入っては下位に甘んじるほかなかった。現役での来日はこれが最後となったが、ジャンボ鶴田が[[AWA世界ヘビー級王座|AWA世界ヘビー級王者]]としてアメリカで防衛戦を行った時にラシクも挑戦している。
 
アメリカではトップクラスの[[ヒール (プロレス)|ヒール]]として、AWAやWWWFの他、[[NWA (プロレス)|NWA]]の主要テリトリーでも活躍。南部エリアでは[[ダスティ・ローデス]]と抗争し、[[アンドレ・ザ・ジャイアント]]とのシングルマッチも各地で組まれた。タッグ・プレイヤーとしても才能を発揮し、AWAではパワーファイターの[[スーパースター・ビリー・グラハム]]、ラフファイターの[[マッドドッグ・バション]]、技巧派のホースト・ホフマンなど、それぞれタイプの異なるパートナーとのチームで実績を残している。[[WCW]]の前身であるNWAミッドアトランティック地区では[[ポール・ジョーンズ (プロレスラー)|ポール・ジョーンズ]]や[[グレッグ・バレンタイン]]とのコンビでNWA世界タッグ王座も獲得した。
 
== 得意技 ==
*[[アイアンクロー|ブレーンクロー]]
 
== タイトル履歴 ==
匿名利用者