「ハブ (ネットワーク機器)」の版間の差分

「馬鹿ハブ」は非スイッチングハブであるため取り消します
(「馬鹿ハブ」は非スイッチングハブであるため取り消します)
 
; BOX型ノン・インテリジェント・タイプ
: BOX型ノン・インテリジェント・タイプは一番廉価でスイッチング機能提供する。[[馬鹿]]ハブとも呼ばれる。SNMPの管理機能が備わっていない。オートネゴシエーション、AutoMDI/MDI-X機能、一部の機種ではポートVLANやリンク・アグリゲーションもサポートするものがある。上位機に比べてポート数が比較的少ない。電源アダプタが外付けのものがある。価格:数千円〜
 
レイヤー2スイッチはレイヤー3スイッチ(L3スイッチ)と外観が似ており、ネットワーク内で使用される場所も一部は重なるが、L3スイッチはルーターのようにIPアドレスに応じて中継を行うので、MACアドレスによって中継を行うL2スイッチとは違っている。
6,793

回編集