「マーク・ルーイン」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
{{Infobox プロレスラー
'''マーク・ルーイン'''(''Mark Lewin''、[[1937年]][[2月26日]] - )は[[アメリカ合衆国|米国]][[ニューヨーク州]][[バッファロー (ニューヨーク州)|バッファロー]]出身の[[プロレスラー]]。日本での愛称は'''毒蛇'''。
| 名前 = マーク・ルーイン
| 画像 =
| リングネーム = "マニアック" マーク・ルーイン<br />"マッド" マーク・ルーイン<br />ザ・パープル・ヘイズ
| 本名 =
| ニックネーム = 毒蛇
| 身長 = 188cm
| 体重 = 115kg(全盛時)
| 誕生日 = {{生年月日と年齢|1937|2|26}}
| 死亡日 =
| 出身地 = {{USA}}<br /> [[ニューヨーク州]][[バッファロー (ニューヨーク州)|バッファロー]]
| 所属 =
| スポーツ歴 =
| トレーナー =
| デビュー = [[1957年]]
| 引退 = [[1998年]]
}}
 
'''マーク・ルーイン'''(''Mark Lewin''、[[1937年]][[2月26日]] - )は[[アメリカ合衆国|米国]][[ニューヨーク州]][[バッファロー (ニューヨーク州)|バッファロー]]出身の[[プロレスラー]]。日本での愛称異名は'''毒蛇'''。
== 経歴 ==
 
== 歴 ==
[[1950年]]から[[1960年]]に掛けて活躍したルーイン3兄弟([[ドン・ルーイン]]、[[テッド・ルーイン]])の末弟。[[1957年]]に[[カナダ]]のプロモーター、[[トーツ・モント]]にスカウトされて20歳でプロレス入りし、同年にデビューデビュー直後からベテランの[[ドン・カーチス]]のタッグパートナーをる。[[1958年]]に[[ニューヨーク]]でドン・カーチスと組んでUSタッグ選手権(後の[[WWE|WWWF]]・USタッグ王座)を2度に渡って奪取[[1966年]][[10月28日]]には[[ロサンゼルス]]の[[オリンピック・オーデトリアム]]で[[ルー・テーズ]]を「'''アナコンダ殺法'''」と呼ばれる得意技の'''[[裸絞|スリーパー・ホールド]]'''で破り[[WWA]]世界ヘビー級王者となる。
 
その後[[カナダ]]の[[バンクーバー (ブリティッシュコロンビア州)|バンクーバー]]を主戦場に[[1970年]][[2月9日]]にパシフィック・ヘビー級選手権を奪取。さらに[[1971年]][[11月29日]]には[[スティーブン・リトル・ベア]]と組んでカナディアン・タッグ選手権を奪取さらに獲得した。[[1973年]]1月にから[[NWA (プロレス)|NWA]]圏の[[フロリダ州]]を主戦場転戦[[バティ・コルト]]を破り南部ヘビー級選手権を奪取。[[五大湖]]地区では[[ザ・シーク]]とも抗争を繰り広げた。
 
日本へは[[全日本プロレス]]の『第1回 [[チャンピオン・カーニバル (プロレス)|チャンピオン・カーニバル]]』に南半球ヘビー級チャンピオンの触れ込みで初来日。決勝で[[ジャイアント馬場]]に敗れるものの大活躍を見せる。[[1978年]]から1年間[[テキサス州]][[ダラス]]地区でプラスナックル王座に3度就いている。その後[[1982年]]1月まで全日に計9回来日、[[1984年]]8月には[[UWF]]に参戦。
 
キャリア末期の[[1980年代]]半ばにはフロリダ地区で'''パープル・ヘイズ'''と名乗り、[[ケビン・サリバン]]と怪奇派のタッグチームを結成。[[ダスティ・ローデス]]、[[ブラックジャック・マリガン]]らと抗争した。[[1990年代]]に入ってもインディー団体のリングに単発的に上がり続け、最終的には[[1998年]]に引退したという
 
[[ブルーザー・ブロディ]]の数少ない友人の一人でもあり、共に南半球をサーキットしたこともある。
 
== 得意技 ==
*[[裸絞|スリーパーホールド]]
*[[パイルドライバー|ジャンピング・パイルドライバー]]
 
== タイトル履歴 ==
*NWAオーストラレーシアン・タッグ王座: 3回
*WWA世界ヘビー級王座: 1回
 
== 関連項目==
*[[ザ・シーク]]
*[[アブドーラ・ザ・ブッチャー]]
*[[キング・イヤウケア]]
*[[ブルーザー・ブロディ]]
*[[ケビン・サリバン]]
*[[テリー・ブルンク|サブゥー]]
 
{{DEFAULTSORT:るういん まあく}}
匿名利用者