「秘跡」の版間の差分

秘跡はカトリック用語
(秘跡はカトリック用語)
 
[[Image:Seven Sacraments Rogier.jpg|thumb|380px|七つの秘跡 [[ロヒール・ファン・デル・ウェイデン]]画 1448年]]
日本では教派によって訳語が異なる。英語では[[サクラメント]]。「秘跡」というのは日本の[[カトリック教会]]の訳語であり、他の教派では、[[正教会]]では「[[機密 (キリスト教)|'''機密''']]」(きみつ)、[[聖公会]]では「'''聖奠'''」(せいてん)、プロテスタントでは「'''[[礼典]]・聖礼典'''」(れいてん、せいれいてん)、などといい、意味も異なっていることがある。
 
==概説==
初代教会以来、正統教会においては七つの秘跡が伝統的に守られていたが、古代における単性論教会の離脱、11世紀の東西教会の分裂や16世紀以降の[[宗教改革]]運動などでさまざまな派が生まれていく中で秘跡の概念も広がっていった。カトリック教会において七つの秘跡が確定したのは12世紀の神学者[[ペトルス・ロンバルドゥス]]による。プロテスタント諸派の間では、「仲介する」という言葉は目に見えない神の恵みを目に見える形にするというだけのもの、単なる象徴(シンボル)という意味でとらえるものもあるが、カトリック教会、[[東方正教会]]、[[東方諸教会]]、[[アッシリア教会]]、[[聖公会]]、[[復古カトリック教会]]、[[ルター派教会]]などでは「単なる象徴というだけでなく、神の恵みを直接人間に伝えるもの」であるとしている。
 
一口にキリスト教といっても、派によって秘跡の数や意味についての解釈は異なっている。しかし、ほとんどの派で秘跡を[[イエス・キリスト]]に直接由来するものとして考えている。通常、秘跡は司牧者・聖職者によって執り行われ、目にみえる儀式に目に見えない恵みを伴うものと考えられる。秘跡では聖別された水、油、ワインなどによって神からの見えない恵みが人間に与えられるとされる。
 
==語源==
秘跡という言葉はラテン語のサクラメントゥム({{lang|la|Sacramentum}})に由来している。サクラメントゥムというのは「聖別されたもの、行い」あるいは「聖なるもの」「聖別すること」といった意味である。さらにこのラテン語は[[ギリシア語]]で「秘儀」を意味する「ミュステリオン」({{lang|el|μυστήριον}})の翻訳であるため、東方教会ではそのままギリシア語の「ミュステリオン」を用いるものもある。
 
===カトリック===
 
==諸派における秘跡==
秘跡についての理解はキリスト教諸派で異なっている。西方教会において、秘跡の基本はカトリック教会が伝統的に認めてきた上記の七つであるが、宗教改革以降の諸派では秘跡の数、名称、理解などが宗派によって異なっている。
 
===カトリック===
カトリック教会が伝統的に認めてきた七つの秘跡は以下のとおりである。<ref>カトリック教会においては七つの秘跡の他に、[[十字のしるし]]や、マリア像、聖人像、[[不思議のメダイ]]、[[ロザリオ]]の[[祝別]]など[[準秘跡]]と呼ばれるものがある。また[[第2バチカン公会議]]以降のカトリック神学では、キリストは[[原秘跡]]、教会は[[根本秘跡]]と言われる。</ref>
 
 
カトリック教会が伝統的に認めてきた七つの秘跡は、次に説明するように正教会や東方の諸教会とも項目の対応関係がとれている。ただ東方教会の中では上記以外のものも秘跡とみなすものもある。
 
==諸派における秘跡==
秘跡についての理解はキリスト教諸派で異なっている。西方教会において、秘跡の基本はカトリック教会が伝統的に認めてきた上記の七つであるが、宗教改革以降の諸派では秘跡の数、名称、理解などが派によって異なっている。
 
===正教会===
10,006

回編集