「石橋雅史」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
[[日本大学]][[日本大学#藝術学部|藝術学部]]演劇学科卒業後、文化座演劇研究所、[[文学座]]付属演劇研究所で役者修行を積む。商業演劇で活躍する傍ら、テレビの仕事もこなすようになり、{{和暦|1970}}に『野獣都市』([[東宝]])で[[映画]]初出演以降は映像の仕事がメインとなる。また、大学在学中に修行していた空手の腕前を見込まれて、[[1970年代]]は[[東映]]のカラテ映画やアクションドラマでも活躍した。共演した[[JJサニー千葉|千葉真一]](現・JJサニー・千葉)は[[極真会館]]での後輩にあたる。千葉は「石橋さんに蹴られると痺れるんですよ。(石橋さんは)強かったし、うまかったねぇ。でも、石橋さんとやると安心してアクションシーンができた<ref>『極真外伝-~極真空手もう一つの闘い~』 [[ぴいぷる社]]、{{和暦|1999}}、173-174頁。</ref>」と語っている。
 
[[特撮]][[スーパー戦隊シリーズ]]で『[[ジャッカー電撃隊]]』、『[[バトルフィーバーJ]]』、『[[科学戦隊ダイナマン]]』、『[[高速戦隊ターボレンジャー]]』、『[[電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦|電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー]]』と5度に渡り、[[悪役]]を演じた。テレビ時代劇『[[水戸黄門 (ナショナル劇場)|水戸黄門]]』にはゲスト出演者第4位の46回出演している。
 
== 空手との関わり ==
 
== エピソード ==
『[[バトルフィーバーJ]]』のヘッダー指揮官は、第7話までは[[潮健児|潮志]]が演じていたが、潮が覚醒剤所持の疑いで逮捕されたため急遽石橋が演じることになった。石橋はそれ以前の第4話に別の役(ネンリキ怪人の人間態)でゲスト出演し、潮が演じるヘッダーと顔を合わせている。この突然の交代について、石橋は後に「第4話の時点では自分がレギュラーになることなど考えもしなかったので、話を聞いた時は戸惑った」「潮と同じような演技はできないのに同じ役を演じなければならず、苦労した」と語っている。なお、再放送と[[DVD]]、[[レーザーディスク|LD]]では、潮の出演シーンは第4話と第6話を除いて石橋の映像に差し替えられている(詳細は『[[バトルフィーバーJ]]』の項を参照)。
 
== 出演作品 ==
* [[大忠臣蔵 (1971年 テレビドラマ)|大忠臣蔵]] 第7話「大いなる決断」(1971年、NET / [[三船プロダクション|三船プロ]]) - 三島三六
* [[大江戸捜査網]](12ch / [[日活]] ~ 三船プロ)
** 第21話「怪談 すすり泣く妖刀」(1971年) - 神崎
** 第337話「御用金強奪の罠」(1978年) - 鬼頭
* [[仮面ライダーシリーズ]]([[毎日放送|MBS]] / 東映)
匿名利用者