「コス島」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: sh:Kos (ostrvo))
編集の要約なし
[[Image:GR Kos.PNG|right|200px|]]
 
'''コス島'''([[ギリシャ語]]:Κώς)は、[[エーゲ海]]南西部、[[ドデカネス諸島]]にある[[ギリシャ]]の[[島]]。島の大きさは東西40km、南北8kmで、北緯36°51′東経 27°14′に位置し、ギリシャ本土より[[トルコ]]に近い。肥沃な平野と不毛な高地をもつ島である。人口は約30,500人。
 
島には、長い砂浜と大きなホテル、そして閑静な村があり、観光が主な産業である。島の住民の多くは農業に従事しており、[[コムギ|小麦]]、[[とうもろこし]]に加えて、[[ブドウ]]、[[アーモンド]]、[[イチジク]]、[[オリーブ]]、[[トマト]]や[[レタス]]などが栽培されている。
 
港と島の人口の中心である町、コスは、観光と文化の中心であり、多くのホテル、レストランやナイトクラブなどの白い建物が建ち並んでいる。町の港の入り口には、[[ロドス島]]の[[聖ヨハネ騎士団]]によって1315年に立てられた要塞がある。
 
==歴史==
[[Image:Kos Platane1.jpg|250px|thumb|left|ヒポクラテスの木]]
[[医学]]の父[[ヒポクラテス]]は、このコスで紀元前460年頃生まれたとえられている。町の中央にはヒポクラテスの木と呼ばれる[[プラタナス]]の巨木があり、この木の下でヒポクラテスが医学を教えたと言い伝えられている。そのヒポクラテスを記念して、この町に国際ヒポクラテス財団の本拠地とヒポクラテス博物館がつくられている。
 
コス島は、[[紀元前11世紀]]に[[ドーリア人]]によってカレスに植民された。そして、その後[[デロス同盟]]の一員として[[ペルシャ人]]を2度退けた。[[紀元前366年]]にコスの町は造られ、すぐに、のちに[[東ローマ帝国]]となる[[ローマ帝国]]の一部となる。その後、島は[[ベネチア人]]によって征服され、ロードスの聖ヨハネ騎士団に売却された。200年後、トルコの侵入の脅威に直面した騎士団は島を去り、1912年に[[イタリア]]に占領されるまでの400年間、トルコがコスを支配することになった。
 
[[第二次世界大戦]]では、島は[[ドイツ]]によって占領された。戦後、[[イギリス]]の保護領となり、1947年にギリシャに譲渡された。
匿名利用者