「鉄筋コンクリート構造」の版間の差分

鉄筋コンクリート構造を構成する材料は鉄筋及びセメントと[[骨材]]と[[水]]であり、[[生コンプラント]]から発送される[[ミキサー車]]が敷地にアクセスできる立地であれば鉄筋コンクリート構造の建物は建設可能となる。その一方で道路巾員の狭い狭隘道路の場合はミキサー車の積載重量は小さいものとなり、道路巾員が広い立地条件の敷地に比べて多数の往路回数が必要となり平方メートル当たりの価格は割高になる。
 
上記の条件を勘案した上で鉄筋コンクリート構造を用いた高層建築物を建設する際には他の構造を併用した[[複合構造]]によるHigh-RC等を採用することが多い。
 
 
== 建築基準法による使用材料の制限 ==
17

回編集