「ディーゼル微粒子捕集フィルター」の版間の差分

 
;連続再生方式
:CRTに代表される方式で、フィルタに捕集しながら再生を行う理想的な方式。CRTなどは、電気など外部からのエネルギーの補填を必要としないので自己再生方式とも呼ぶ。再生するためは、酸化触媒内の温度を二酸化窒素を生成するのに必要な250-300℃程度に上昇維持させる必要があり、この温度維持のために排気ガスの熱エネウォーフロやポスト噴射(燃焼工程後追加噴射)し燃料を触媒内で燃焼させることによって得た熱を利用する。なお再生可能な温度に達しないまま走行を続けるとフィルタが詰まり,さらにこPM状態で高速走行あるい低減率高負荷運転を行うと溜まった粒子状物質が急激に燃焼、その燃焼熱でフィルターの耐熱温度(約600度程度)概ね9割を超えてしまいフィルタが溶損する。したがって、稼働のためには比較的高く、酸化触媒とフィルタ温度制御作用によりCO、HCにも低減効果重要である。
 再生するためは、酸化触媒内の温度を二酸化窒素を生成するのに必要な250-300℃程度に上昇維持させる必要があり、この温度維持のために排気ガスの熱エネルギーやポスト噴射(燃焼工程後の追加噴射)した燃料を触媒内で燃焼させることによって得た熱を利用する。なお、再生可能な温度に達しないまま走行を続けるとフィルタが詰まり,さらにこの状態で高速走行あるいは高負荷運転を行うと溜まった粒子状物質が急激に燃焼、その燃焼熱でフィルターの耐熱温度(約600度程度)を超えてしまいフィルタが溶損する。したがって、稼働のためには、酸化触媒とフィルタの温度制御が重要である。
 また、酸化触媒が、軽油内の硫黄分から触媒内で生成されるサルフェート(硫酸塩)の被毒に対して弱いため。S50などの低硫黄軽油の使用が推奨されている。
:なお、既存エンジンにも装着可能な後付タイプとエンジン製造時に装着されエンジンシステムに統合された一体型の2種が存在するが、後付タイプでは温度維持を排気ガスの熱のみに頼っており市街走行など排気温度が上がりにくい条件下では再生が効かないなど稼働条件が限定されるため、コモンレール式噴射システムを併用することで触媒とフィルタの温度制御を細かく行え稼働条件の制限が少ない一体型が主流となっている。
 
;間欠再生方式
:排気圧力をセンサー感知して、フィルタが目詰まりを起こす前に自動で新しいフィルタに切り替え,もう一方で捕集している間に電気ヒータによって高温でPMを燃焼させる方式である。エンジンの運転状態に左右されることなく再生を行える利点はあるもののフィルターを自動で切り替える装置が複雑かつ大型になることと,再生用ヒーターを稼働させるために大容量オルタネータや大容量バッテリが必要なことから搭載スペースに余裕のある大型車にしか装着できない欠点がある。なお、酸化触媒を装備しないため、CO、HC、NOxの低減効果はないが、軽油内の硫黄分の影響を受けないため硫黄分の多いS100以上の軽油も使用できる。
:なおまた、これに似た方式として、目詰まり警報を行うものの、フィルターの交換装置を持たず、警報時に運転者が外部電源式のヒータを機動させて再生を行う手動式のものも存在する。こちらのものは、自動型より装置自体が簡単かつ小型で追加の電気装置も不要なため後付けしやすい利点があるが、反面走行中は一切再生が出来ずPMが蓄積される一方になるため、一回の再生で走行できる距離が短く(100km前後)長距離走行ができない欠点がある。
 
;添加剤再生方式
匿名利用者