「石見銀山ねずみ捕り」の版間の差分

編集の要約なし
笹ヶ谷鉱山(現在の[[島根県]][[鹿足郡]][[津和野町]])は、戦国時代から銀を産出していた石見銀山(同県[[大田市]]大森町)と共に戦略上から幕府直轄領(いわゆる[[天領]])とされ、大森奉行所(のち[[代官所]]に格下げ)の支配下とされたので無関係ではないが、砒素の産地が何処であるか(''正しくは前者'')については混乱も見られる。[[元禄]]期には銀山の産出が減る一方で、その後も笹ヶ谷からの殺鼠剤販売が続き名前が一人歩きするようになった為、と考えられている。
 
余談ではあるが、19901997に津和野町で日本最大級の[[間欠泉]]が発見され、観光資源としての活用が期待されたが、噴出する湯に安全基準を超えた砒素が検出されたことからため、封鎖されたという逸話がある。
 
[[Category:島根県の歴史|いわみきんさんねつみとり]]
匿名利用者