「カニクイアザラシ」の版間の差分

→‎生態: 加筆
m (内部リンクを追加)
(→‎生態: 加筆)
[[海洋]]や[[流氷]]上等に生息する。群れは形成せず、単独で生活する。[[天敵]]としては[[シャチ]]や[[ヒョウアザラシ]](主に幼獣を食べるが成獣を襲うこともある)が挙げられる。ヒョウアザラシに襲われ、2本の平行になった傷跡を持つ個体も多い。
 
食性は動物食で主に[[ナンキョクオキアミ]]を食べるが、[[軟体動物]]、[[魚類]]等も食べる。夜間に表層に浮かぶオキアミを海水ごと口に入れ、臼歯で濾しとり歯の隙間から海水を排出して食べる。名前は「カニクイ」だが[[カニ]]は捕食しない
 
繁殖形態は[[胎生]]。オスは氷上でメスの頸部や肩部に噛みつき、交尾を迫る。主に流氷の上で9-10月に1回に1頭の幼獣を産む。授乳期間は2-4週間程とされる。この際メスとその幼獣、オス(血縁とは限らない)からなる小規模な群れ(家族群)を形成する。オスは授乳期間中もメスに交尾を迫るが、メスは激しく抵抗する。授乳期間を終えると幼獣は外敵から身を守るため、群れを形成する。メスは生後2-4年で性成熟する。寿命はオスが30年以上で、メスは36年程。
9

回編集