「ファンタジー漫画」の版間の差分

編集の要約なし
(「要出典」および「正確性」テンプレート貼付け)
日本の漫画は子供向けのメディアとしてスタートしており、魔法や現実には起こらない不可思議な出来事が作品の中で描かれることは普通であり、それらをことさらに[[ファンタジー漫画]]と見ることは無かったし、ジャンルとして定義されることも無かった。
 
{{要出典範囲|今日の目で見ると[[手塚治虫]]の『[[リボンの騎士]]』([[1953年]])や、[[水野英子]]『星のたてごと』([[1960年]])などは本格的な[[ファンタジー漫画]]の先駆的な作品と見ることが出来る|2009年2月10日 (火) 03:45 (UTC)}}<ref>米澤『{{要出典範囲|戦後少女漫画マンガ史|~~~~~}}』1980(2007、ちくま文庫)が、これらの作品にそれぞれ1節を割いている。第2章9節と第3章23節を参照のこと</ref>。
{{要出典範囲|両者とも、架空の世界を舞台とした[[ハイ・ファンタジー]]に分類されうる作品である。|2009年2月10日 (火) 03:45 (UTC)}}
 
匿名利用者