「太東埼灯台」の版間の差分

m
太東「埼」灯台、恋のビーナス「岬」、はいすみ市の資料より、太東「崎」は国土地理院の地図表記より
(誤字訂正 太東埼灯台→太東崎灯台)
m (太東「埼」灯台、恋のビーナス「岬」、はいすみ市の資料より、太東「崎」は国土地理院の地図表記より)
[[画像:Taitoumisakitoudai.jpg|thumb|300px|森の中にある]]
'''太東灯台'''(たいとうさきとうだい)は、[[千葉県]]の[[太東崎]]に立つ白亜塔形(円形)の中型灯台。周辺は、[[南房総国定公園]]に指定され、[[太平洋]]や[[九十九里浜]]を望むことができる。現在の灯台は2代目で、初代は海沿いに建てられたが、海岸浸食で倒壊の恐れが出たために、100m後方の現在地に移築された。当初は有人灯台であったが、現在は無人化されている。海抜58mの高台に高さ16mの白亜の塔は、22海里(約41km)先まで照らし、海の安全を守っている。
 
== 歴史 ==
* [[いすみ市]]
 
{{DEFAULTSORT:たいとうさきとうたい}}
[[Category:日本の灯台]]
[[Category:千葉県の建築物]]
177

回編集