「パンク・ファッション」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: th:แฟชั่นพังก์)
 
== 概要 ==
[[1970年代]]後半、[[ロンドン]]で[[ヴィヴィアン・ウエストウッド]]のブランドを取り扱っていた店の経営者[[マルコム・マクラーレン]]がメンバーを集めて結成したとされる[[セックス・ピストルズ]]の衣装に端を発する。マルコムは、[[ニューヨーク・ドールズ]]のマネージャー時代に出会った[[リチャード・ヘル]]のルックスに感銘を受け、そこに安全ピンや缶バッジなどをつけ足すことで、セックス・ピストルズのルックスを完成させた。<br />高級ブランドのヴィヴィアン・ウエストウッドは日本でパンク・ファッションの代名詞のように言われているが、セックス・ピストルズの衣装は殆どが自作の安物だったとされている(ヴィヴィアン・ウェストウッドと一番深い関わりのあった[[ジョニー・ロットン]]だけはヴィヴィアンに[[ガーゼ]]シャツなどの高価な洋服を譲ってもらっていた)。つまり、一般人でも真似すしかし[[ジョン・ライドン]](ジョニー・ロットン)によ事が簡単で、衣装いうよりは普段着に近いシンプルなファッシ、ジョンスタイルだった。彼らの音楽精神を強く感じさせるスタイルが自分ある事もあいまって、若者アレンジしちの服が数週後には「SEX」に並んこのファッションは広がってという
つまり、一般人でも真似する事が簡単で、衣装というよりは普段着に近いシンプルなファッションスタイルだった。彼らの音楽精神を強く感じさせるスタイルである事もあいまって、若者たちの間でこのファッションは広がっていった。
 
 
ちなみに、ページ写真にあるような「典型的」パンク・ファッション(原色に染めた髪を逆立てる、[[モヒカン刈り]]や[[スキンヘッド]]にする、革ジャンに鋲を打つなど)は80年代にイギリス郊外で大流行したパンク・リバイバル/ハードコア・パンク以降のものである。これらのファッションは本来の70年代オリジナル・パンクスには見られない。しかし[[ジョン・ライドン]](ジョニー・ロットン)によると、ジョンが自分でアレンジした服が数週間後には「SEX」に並んでいたという
 
== 連想されるスタイル ==
匿名利用者