「スペインによるアメリカ大陸の植民地化」の版間の差分

m
編集の要約なし
m (Shizhao によってCommonsから削除された Vasconúñezdebalboa.jpeg を除去。理由: In category Unknown as of 10 February 2009; no source.)
m編集の要約なし
 
== 植民地支配体制の確立とその様相 ==
[[ファイル:Cerro ricco.jpg|220px|thumb|[[ポトシ]]の[[セロ・リコ]](富の山)。植民地時代には[[銀]]が、[[ボリビア]]独立後には[[錫]]が採掘された。ポトシの銀はヨーロッパ先進国に流入し、現在の繁栄の礎を築いたが、2007年現在のボリビアは未だに南米で最も貧しい国<ref>[http://www.mofa.go.jp/MOFAJ/gaiko/oda/seisaku/enjyo/pdfs/bolivia_01an.pdf 「対ボリビア国別援助計画第一次案」平成19年 日本国外務省のホームページより]2009年4月8日閲覧</ref>である。]]
 
征服後、[[スペイン|スペイン人]]を頂点とする厳格で抑圧的な[[植民地]]支配の体制が確立されていった。征服後の社会でスペイン人たちは圧倒的な社会的、経済的な力をもち、それを背景に多くのインディオ女性を[[妾]]として性的関係を結ばせた。これによって[[メスティーソ]]の数がさらに、増加することとなる。また、スペイン人の文化が至上のものとされ、インディオの文化は卑しく醜いものとされた。さらに、[[アフリカ]]大陸から多数の黒人奴隷が連行され、北はフロリダ半島から南はラ・プラタ川まで各地で黒人は家内労働やプランテーションでの重労働に従事した。
 
[[ファイル:Bartolomedelascasas.jpg|thumb|[[バルトロメ・デ・ラス・カサス]]神父。バリャドリー論争のような困難の中でもインディオを擁護した]]
征服当初からの疫病(インディオは旧大陸の病気に免疫を持たなかった)、戦争、強制労働によって15世紀から17世紀までの間に数千万人単位のインディオの命が失われ、カリブ海の[[大アンティル諸島]]のようにインディオが絶滅した地域もあった。どれだけの人口減があったかは定かではないが、少なくともペルーでは、インカ帝国時代に1000万を越えていた人口が1570年に274万人にまで落ち込み、1796年のペルーでは108万人になった(数字はH.F.ドビンズの推計による)<ref>増田義郎・柳田利夫(著)『ペルー 太平洋とアンデスの国 近代史と日系社会』中央公論新社 ppp.13</ref>。
 
また、このような征服事業は思想的な正当化が図られた。初期においてはキリスト教信仰と、「半人間」である非キリスト教徒のインディオへの改宗事業によって思想的な正当化が図られた。これに対し、1537年に[[ローマ教皇]][[パウルス3世 (ローマ教皇)|パウルス3世]]が「新大陸の人間は真正の人間である」と宣言し、インディオへの非人道的対応を改めるようカトリック教会の立場を打ち出したが、[[人文主義者]]の[[ファン・ヒネス・デ・セプルベダ]]のように、教皇の宣言を認めない人物も現れた。これに対し、[[バルトロメ・デ・ラス・カサス]]神父のように、キリスト教の立場からインディオ文明を擁護したスペイン人も少数存在したが、植民地支配体制を揺るがすことは出来なかった。キリスト教の後に犯罪の思想的正当化の試みは[[啓蒙主義]]や[[自由主義]]によって行われ、[[フランシス・ベーコン]]や[[シャルル・ド・モンテスキュー]]、[[デイヴィッド・ヒューム]]らはインディオを「退化した人々」とし、ヨーロッパ人による収奪を正当化した<ref>[[エドゥアルド・ガレアーノ]]『ラテンアメリカ五百年 収奪された大地』大久保 光夫訳 新評論 1970,1986 pp.102-104</ref><ref>[http://ci.nii.ac.jp/naid/110000587550/ 「ヒュームと人種主義思想」]『奈良県立大学研究季報』 2002</ref>。19世紀に入ると、「近代ヨーロッパ最大の哲学者」こと[[ゲオルク・ヴィルヘルム・フリードリヒ・ヘーゲル|ヘーゲル]]はインディオや黒人の無能さについて語り続け、近代哲学の立場から収奪を擁護した。19世紀後半には[[社会進化論]]などの様々な立場から、インディオやメスティーソ、黒人に対する収奪を[[科学|近代科学]]によって正当化する試みが進んだ。
イスパノアメリカの[[ポトシ]]や[[グアナファト]]、[[サカテカス]]の鉱山では[[銀]]が、[[ベネズエラ]]では[[プランテーション]]農業で[[カカオ]]などが、[[インディオ]]や[[黒人]]の奴隷労働によって生産され、生産された富はスペインでは蓄積されずに戦費や奢侈に使われ、[[西ヨーロッパ]]諸国に流入して[[価格革命]]や[[商業革命]]を引き起こした。この[[重商主義]]的過程は、[[大西洋]][[三角貿易]]による[[イギリス]]領[[バルバドス]]や[[ジャマイカ]]、[[フランス]]領[[サン=ドマング]]での[[砂糖]]プランテーションによる収益や、18世紀の[[ゴールドラッシュ]]により[[ポルトガル領ブラジル]]からイギリスに大量に流出した[[金]]と共に、[[西ヨーロッパ]]諸国の[[資本の本源的蓄積]]を担い、[[オランダ]]や[[イギリス]]における[[産業資本主義]]の成立と、それに伴う[[ヘゲモニー]]の拡大を支えた。
 
一方、ヨーロッパの繁栄とは対極にラテンアメリカ現地では資本流出により経済の従属と周辺化が進み、僅かに残った資本もスペイン同様奢侈に使われ、蓄積されることがなかった。鉱山やプランテーションでの重労働により民衆の困窮も続いた。[[エドゥアルド・ガレアーノ]]は[[西インド諸島]]での奴隷貿易や、砂糖プランテーションによる西ヨーロッパ諸国の資本の本源的蓄積と併せてこの過程をこう述べている。''「この全過程は、たとえて言えば、ある一式の血管から別の血管にポンプで血液を注入する過程だった。すなわち今日の開発の進んだ国々は開発を進め、他方、開発の遅れている国々は低開発を開発していったのである。<ref>引用文は[[エドゥアルド・ガレアーノ]]『ラテンアメリカ五百年 収奪された大地』大久保光夫訳 新評論 1986年 ppp.162より引用</ref>」''
 
また、アメリカ大陸とヨーロッパの相互に様々なものがもたらされた。ヨーロッパからアメリカ大陸にもたらされたもので重要なものには、[[世界宗教]]としての[[キリスト教]]、[[コムギ]]・[[サトウキビ]]・[[コーヒー]]などの農産品、馬・[[ウシ|牛]]・[[ヒツジ|羊]]などの[[家畜]]、[[車輪]]、鉄器があり、また、ヨーロッパ人自身も入植者としてそれに含まれる。また、[[天然痘]]、[[麻疹]]、[[インフルエンザ]]などの伝染病があった。一方アメリカ大陸からヨーロッパには、 [[メキシコ]]原産のトウモロコシや[[サツマイモ]]、東洋種の[[カボチャ]]、[[トウガラシ]]、[[アンデス山脈|アンデス高原]]原産の[[ジャガイモ]]や西洋種のカボチャ、[[トマト]]、熱帯アメリカ原産の[[カカオ]]などが伝えられ、ヨーロッパ諸国の食文化に大きな影響を与えた。その他には[[タバコ]]や[[梅毒]]も伝えられた。
11,551

回編集