「地獄少女 (テレビドラマ)」の版間の差分

ノート:地獄少女における議論を元に編集
(脚注の設定。Wikipedia:表記ガイドによる雑多な修正など)
(ノート:地獄少女における議論を元に編集)
 
== 概要 ==
: '''[[地獄少女#作品|作品概要]]と併せて参照。'''
同名のアニメを原作としたドラマ作品。
アニメ第一期放映当時から「[[特撮]]実写[[ドラマ]]にも向いている」との声も少なくなく、それに応えるかのように、第一期放送時からドラマ化のオファーが相次いで舞い込み、その結果日本テレビがドラマ製作の権利を獲得、日本テレビによって製作・放送された。
 
同名のアニメを原作としたドラマ作品。日本テレビによって製作・放送された
基本的にアニメ第一期を底本にしながらドラマ独自の設定を加味している。第一話や第八話のようにアニメとほぼ同じ内容を踏襲した話もあれば、依頼人自らの幻影がターゲットとなる(第六話)、ターゲット自らが赤い糸を引く(第十二話)などのオリジナル話も存在する。キャラクターの設定にも様々な変更が加えられており、例えばアニメ版では出演場面も少なく脇役的なキャラクターであった喫茶店のマスターが、本作ではレギュラーとして登場するなどした。出演者においては、[[松島栄利子]]がアニメ版と同様に、あいの祖母の声としてレギュラー出演し、アニメ版でレギュラー出演した[[菅生隆之]]と[[松風雅也]]や、本作の原案者である[[わたなべひろし]]も、別々の回に俳優としてゲスト出演した。また本作で輪入道を演じた[[小倉久寛]]はアニメ版『[[地獄少女 二籠]]』ではナレーションを勤めた<ref>[http://www.jigokushoujo.com/cast/index.html 『地獄少女』アニメ版公式サイト キャスト紹介]</ref>。
 
基本的にアニメ第期を底本にしながらドラマ独自の設定を加味している。第一話や第八話のようにアニメとほぼ同じ内容を踏襲した話もあれば、依頼人自らの幻影がターゲットとなる(第六話)、ターゲット自らが赤い糸を引く(第十二話)などのオリジナル話も存在する。キャラクターの設定にも様々な変更が加えられており、例えばアニメ版では出演場面も少なく脇役的なキャラクターであった喫茶店のマスターが、本作ではレギュラーとして登場するなどした。出演者においては、[[松島栄利子]]がアニメ版と同様に、あいの祖母の声としてレギュラー出演し、アニメ版でレギュラー出演した[[菅生隆之]]と[[松風雅也]]や、本作の原案者である[[わたなべひろし]]も、別々の回に俳優としてゲスト出演した。また本作で輪入道を演じた[[小倉久寛]]はアニメ版『[[地獄少女 二籠]]』ではナレーションを勤めた<ref>[http://www.jigokushoujo.com/cast/index.html 『地獄少女』アニメ版公式サイト キャスト紹介]</ref>。
出演者の相互交流を始め、制作発表はアニメ『二籠』・ドラマ両方同時に行われ、放送期間中一時期次回予告ではテロップでアニメ版の放送局である[[東京メトロポリタンテレビジョン|TOKYO MX]]がドラマ版の放送告知を、ドラマ版の放送局である日本テレビがアニメ版の放送告知をするなど、実写版とアニメ版が連動した試みも行われた。
 
出演者の相互交流を始め、制作発表はアニメ『二籠』・ドラマ両方同時に行われた。なお、放送期間中一時期)、次回予告ではテロップでアニメ版の放送局である[[東京メトロポリタンテレビジョン|TOKYO MX]]がドラマ版の放送告知を、ドラマ版の放送局である日本テレビがアニメ版の放送告知をするなど、実写版とアニメ版が連動した試みも行われた。
また、日本テレビと[[NTTドコモ]]の共同出資・コンテンツ開発事業である[[D.N.ドリームパートナーズ]]の製作であるため、携帯電話公式サイトでのコンテンツの充実を図ったほか、NTTドコモの[[HSDPA]]通信対応[[携帯電話]]向けに動画配信も行われた。
 
25,366

回編集