「ピリッポス3世」の版間の差分

編集の要約なし
m (ロボットによる 追加: lt:Filipas Aridajas)
'''ピリッポス3世'''(Φίλιππος Αρριδαίος、Γ', ラテン文字表記:Philippos III, [[紀元前359年]] - [[紀元前317年]][[12月25日]]、在位:[[紀元前323年]] - 紀元前317年)はアルガイオス朝の[[マケドニア王国|マケドニア]]王である(在位:[[紀元前323年]] - 紀元前317年)。本名'''アリダイオス'''であり(Ἀρριδαῖος, Arrhidaios)、[[ピリッポス2世]]の庶子で、[[アレクサンドロス3世]](アレクサンドロス大王)の異母兄にあたる。そして、アレクサンドロスの名目的な後継者とされた。
 
== 生涯 ==
 
===アリダイオスの登場===
マケドニア王[[ピリッポス2世]]と[[ラリサ]]出身の踊り子[[ピリンナ]]のあいだに生まれた。庶子であったが、やがて彼の結婚問題をめぐってピリッポスとアレクサンドロスの仲が険悪化し、一時アレクサンドロスが母の[[オリュンピアス]]とともにマケドニアを出奔する事態などになったため、アリダイオスの地位が相対的に向上し、アレクサンドロスのライバルと見なされるようになった。[[プルタルコス]]によればオリュンピアスはアリダイオスの影響力が強まるのを恐れ、彼に[[毒薬]]を盛ったという。アリダイオスは毒のために[[知的障害者]]となり、事実上王位継承の資格を喪失した。
 
=== 傀儡の王 ===
ロクサネはまもなく男子を産み落とし、生まれてきた子供は[[アレクサンドロス4世]]と名づけられ、(形だけではあるが)ピリッポスの共同統治者とされた。その結果ペルディッカスが帝国摂政としてアレクサンドロス4世を後見し、人望のあった武将[[クラテロス]]がピリッポス3世の後見人となることが定められた。しかし、[[紀元前321年]]にクラテロスは[[ヘレスポントスの戦い]]で敗死し、紀元前317年に軍を率いてきたオリュンピアスによって彼は捕えられ処刑された。
 
== 関連項目 ==
*[[ディアドコイ戦争]]
 
 
{{先代次代|[[マケドニア王]]|紀元前323年 - 紀元前317年|[[アレクサンドロス3世]]|[[アレクサンドロス4世]]}}
{{先代次代|[[アジア王]]|紀元前323年 - 紀元前317年|[[アレクサンドロス3世]]|[[アレクサンドロス4世]]}}
{{先代次代|[[ファラオ|古代エジプト王]]|紀元前323年 - 紀元前317年|[[アレクサンドロス3世]]|[[アレクサンドロス4世]]}}
 
 
{{History-stub}}
{{DEFAULTSORT:ひりつほす3せい}}
 
{{DEFAULTSORT:ひりつほす3せい}}
[[Category:マケドニア王国の君主]]
[[Category:紀元前359年生]]
匿名利用者