「吉良義安」の版間の差分

編集の要約なし
'''吉良 義安'''(きら よしやす、[[天文 (元号)|天文]]5年([[1536年]]) - [[永禄]]11年([[1569年]])は、[[戦国時代_(日本)|戦国時代]]の[[武将]]。[[本姓]]は[[源氏]]。[[家系]]は[[清和源氏]]の一家系 [[河内源氏]]の[[棟梁]] [[鎮守府将軍]][[源義家]]の子 [[源義国|義国]]を祖とする[[足利氏]]の[[一門]] [[吉良氏]]。[[徳川家康]]の臣下となり、西条吉良氏と東条吉良氏を統一した人物。妻は[[徳川家康]]の叔母(俊継尼)。通称は'''三郎'''(さぶろう)、また'''上野介'''(こうずけのすけ)の[[官職]]を僭称した。
 
西条城主[[吉良氏]]の[[吉良義堯]]の次男として生まれる。はじめ西条吉良氏の家督は兄の吉良義郷が継ぎ、次男の義安は、東条城主吉良氏の吉良持広の養子に入った。しかし西条吉良氏を継いだ兄義郷がまもなく死去したため、再び西条吉良氏に戻って兄の家督を相続した。ところが、東条吉良氏の吉良持広も死去したため、やむなく、弟の[[吉良義昭]]に西条吉良氏を継がせ、自らは東条吉良氏の家督を相続した。
 
義安は、以降10年余りを駿府で人質として暮らすことになったが、このときに同じく[[今川義元]]の人質となっていた松平竹千代(のちの[[徳川家康]])と親しくなり、[[弘治 (日本)|弘治]]元年([[1555年]])に家康が元服した際には理髪役も務めた。[[永禄]]3年([[1560年]])6月の[[桶狭間の戦い]]で[[今川義元]]が死去したため、この際に家康とともに人質から解放されて[[三河国]]に戻った。[[永禄]]5年([[1562年]])には今川氏の後援を失って三河で孤立化していた弟[[吉良義昭]]が、地元の一向宗を味方につけて[[徳川家康]]と戦ったが([[三河一向一揆]])、敗れて三河から逃亡。このあと、家康から義安が東条西条の吉良氏を統一して領有することが認められた。以降吉良氏は[[元禄赤穂事件]]([[忠臣蔵]]事件)で有名な[[吉良義央|吉良上野介義央]]の代に改易にされるまで徳川家に臣従する。正室は[[松平清康]](家康の祖父)の娘であり、したがって[[徳川家康]]と義安は甥・叔父の関係にあたる。その正室との間に生まれた[[吉良義定]]が吉良家の家督を継ぐ。
 
==関連項目==
 
*[[吉良氏]] 
 
{{先代次代|[[吉良氏|西条吉良家当主]]|吉良義安|[[吉良義昭]]|[[吉良義定]]}}
 
{{DEFAULTSORT:きらよしやす}}
19,145

回編集