「ベスレヘム・スチール」の版間の差分

m
編集の要約なし
[[File:Bethlehemsteel.jpg|thumb|325px|right|[[ペンシルニア州]][[ベスレヘム]]のベスレヘム・スチール基幹生産設備]]
'''ベスレヘム・スチール'''('''Bethlehem Steel Corporation''', [[1857年]] - [[2003年]])は、[[アメリカ合衆国]]の[[製鋼]]会社。[[ペンシルニア州]][[ベスレヘム (ペンシルニア州)|ベスレヘム]]に所在した。かつては[[USスチール]]に次ぐ規模を持っていたが、2001年に破綻、分割され、2003年に[[インターナショナル・スチール・グループ]](''International Steel Group, ISG'')に売却された。2005年にISGは[[ミッタル・スチール]]と合併した。
 
その操業期間中、ベスレヘム・スチールは世界で最大の造船会社の内の一つで、アメリカの工業生産における最も強力なシンボルの一つであった、
 
== 歴史 ==
1857年4月8日、ペンシルニア州サウス・ベスレヘムで'''サウコナ製鉄所''' (''Saucona Iron Works'') として創業する。1861年5月1日に社名を'''ベスレヘム製鉄所''' (''Bethlehem Iron Works'') と改名した。1860年7月15日に[[アルフレッド・ハント]]が重役会で社長に選任される。会社は創業初期に[[アメリカ海軍]]向けの鉄道[[レール]]や装甲板を生産した。1899年に社名を'''ベスレヘム・スチール会社''' (''Bethlehem Steel Company'') と改名した。
 
1904年、オンライン証券取引でよく知られるチャールズシュワブ証券創業者の[[チャールズ・M・シュワブ]]と、[[ウォートン・スクール]]創設者である[[ジョセフ・ウォートン]]がベスレヘム・スチールを創設し、シュワブが初代社長および重役会議長に就任した。
 
=== 貨車 ===
ベスレヘム・スチールは[[ペンシルニア州]][[ジョンズタウン (ペンシルニア州)|ジョンズタウン]]のミッドヴェール・スチール・アンド・オーディナンス社を買収し、1923年から1991年まで世界でも有数の鉄道貨車生産者であった。主要な鉄鋼業者であったにもかかわらず、ベスレヘム・スチールの貨車部門は鉄道貨車の製造で[[アルミニウム]]の使用を開拓した。ジョンズタウン工場は1991年に自社株購入でジョンズタウン・アメリカ・インダストリーズ社として独立した。
 
ジョンズタウン・アメリカは[[イリノイ州]][[ダンヴィル]]の工場を買収、拡張し、社名をフライトカー・アメリカ・コーポレーションとして[[NASDAQ]]に上場した。フライトカー・アメリカは現在も上場する、唯一のアメリカ人が所有する旧ベスレヘム・スチール関連会社である。フライトカー・アメリカはバージニア州の生産施設を買収し、ジョンズタウンから撤退しようとしている。この動きは会社を現在まで育て上げた地域及び従業員への感謝よりも、コストの低減が企業にとって必要であり、それが動機であると考えられる。
337,889

回編集