「ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度」の版間の差分

編集の要約なし
(fr:Strada Nuova (Gênes), 19 mai 2008 à 14:28(時刻は翻訳元のデフォルト)を翻訳)
 
編集の要約なし
|}}
 
[[Image:Genova-Genova-DSCF7392.JPG|thumb|right|200px|ガリバルディ通りのプレート]]
[[Image:Genova-DSCF7418.JPG|thumb|right|200px|パラッツォ・ロッソ]]
[[Image:Genova-DSCF7419.JPG|thumb|right|200px|パラッツォ・ビアンコ]]
 
「'''ジェノヴァのレ・ストラーデ・ヌオーヴェとパラッツィ・デイ・ロッリ制度'''」は、[[イタリアの世界遺産]]の一つ。ストラーデ・ヌオーヴェ(単数形はストラーダ・ヌオーヴァ)は、「新しい街路群」の意味で、[[ジェノヴァ]]で16世紀に整備されたストラーダ・ヌオーヴァ(現在のガリバルディ通り)と、それ以降の時代に出来た二つの街路を指している。ガリバルディ通りには今も[[パラッツォ]](宮殿)群が立ち並んでいるが、「パラッツィ・デイ・ロッリ」(目録の宮殿群)とは、それらの宮殿群がかつての「ロッリ」(迎賓館目録)に掲載されていたことに由来する。
 
 
;パラッツォ・パラヴィチーニ・カンビャーゾ(Palazzo Pallavicini Cambiaso)
: 伯爵アゴスティーノ・パラヴィチーニ (Agostino Pallavicini) のために、ベルナルディノ・カントーネ(Bernardino Cantone)の設計で、建築家[[ガレアッツォ・アレッシ]]([[:en:Galeazzo Alessi|Galeazzo Alessi]])によって1558年から建てられ始めた宮殿である。18世紀にはカンビャーゾ家の手に渡った。
: ジェノヴァの画家であるアンドレア・セミノ(Andrea Semino)と[[オッターヴィオ・セミノ]]([[:it:Ottavio Semino|Ottavio Semino]])の作品である『サビーニ人の略奪』(''L'enlèvement des Sabines'')や『[[エロス]]と[[プシュケ]]の物語』が所蔵されている。
 
ジェノヴァの画家であるアンドレア・セミノ(Andrea Semino)とオッターヴィオ・セミノ([[:it:Ottavio Semino|Ottavio Semino]])の作品である『サビーニ人の略奪』(''L'enlèvement des Sabines'')や『[[エロス]]と[[プシュケ]]の物語』が所蔵されている。
 
; パラッツォ・パンタレオ・スピノラ(Palazzo Pantaleo Spinola)
: パラッツォ・ガンバロ(Palazzo Gambaro)とも呼ばれる。パンタレオ・スピノラ(Pantaleo Spinola)のために、建築家ベルナルド・スパツィオ(Bernardo Spazio)によって建てられた。完成させたのはピエトロ・オルソリノ(Pietro Orsolino)である。
: [[ジョヴァンニ・ベルナルド・カルローネ]]([[:en:Giovanni Bernardo Carlone|Giovanni Bernardo Carlone]])と [[ジョヴァンニ・バッティスタ・カルローネ]]([[:en:Giovanni Battista Carlone|Giovanni Battista Carlone]])の兄弟によるいくつかの[[フレスコ画]]がある。
 
;パラッツォ・レルカリ・パロディ(Palazzo Lercari Parodi)
: 1567年に建築家アレッシによって建てられた。[[ルーカ・カンビャーゾ]]([[:it:Luca Cambiaso|Luca Cambiaso]])のフレスコ画がある。
 
;パラッツォ・カッレガ・カタルディ(Palazzo Carrega Cataldi)
: トビア・パッラヴィチーノ(Tobia Pallavicino)のためにジョヴァンイ・バッティスタ・カステッロ(Giovanni Battista Castello alias ''il Bergamasco'')が設計した。建築はバルトロメオ・リッチョ(Bartolomeo Riccio)、ドメニコ・ソラリ(Domenico Solari)、アントニオ・ロデリ(Antonio Roderio)が手分けした。
 
;パラッツォ・ドリア(Palazzo Doria)
: ジェノヴァの[[ドージェ]]であった[[スピノラ家]]([[:it:Spinola|Spinola]])のために、建築家ベルナルディノ・カントーネ(Bernardino Cantone)が1563年に設計した。
 
;パラッツォ・ポデスタ(Palazzo Podestà)
: ニコロージョ・ロメッリーニ(Nicolosio Lomellini)のためにジョヴァンニ・バッティスタ・カステッロとベルナルディノ・カントーネによって1559年から1565年にかけて建てられた。
 
;パラッツォ・カッターネオ・アドルノ(Palazzo Cattaneo Adorno)
: ラッツァーロ・スピノラとジャコモ・スピノラのために、1583年から1588年に建てられた。
 
;パラッツォ・ドリア・トゥルシ(Palazzo Doria Tursi)
: ニッコロ・グリマルディ(Niccolò Grimaldi)のために、ドメニコ・ポンセッロ(Domenico Ponsello)とジョヴァンニ・ポンセッロ(Giovanni Ponsello)の設計にもとづいて1565年に建てられた。
 
;パラッツォ・カンパネッラ(Palazzo Campanella)
: バルダッサーレ・ロメッリーニ(Baldassarre Lomellini)のために、ジョヴァンニ・ポンツェッロ(Giovanni Ponzello)の設計で1562年に建てられた。
 
;パラッツォ・トッレッテ(Palazzo delle Torrette)
: ジェノヴァ提督[[アンドレア・ドーリア]]の甥にあたる[[トゥルシ]]公爵ジョヴァン・アンドレーア・ドリア(Giovan I Andrea Doria)のために、ジャコモ・ヴィアーノ(Giacomo Viano)が設計した。
 
; パラッツォ・ロッソ(Palazzo Rosso)
: ジョヴァンニ・フランチェスコ・ブリニョル・サレ(Giovanni Francesco Brignole Sale)兄弟のために、ピエル・アントニオ・コッラディ(Pier Antonio Corradi)が設計し、1670年に建てられた。
: 1874年に[[マリア・デ・ブリニョル=サレ]]([[:fr:Maria de Brignole-Sale|Maria de Brignole-Sale de Ferrari]])公妃<!--女公?-->が、博物館を開設させるためにジェノヴァ市に寄贈した。
 
1874年にマリア・デ・ブリニョル=サレ([[:fr:Maria de Brignole-Sale|Maria de Brignole-Sale de Ferrari]])公妃<!--女公?-->が、博物館を開設させるためにジェノヴァ市に寄贈した。
 
;パラッツォ・ビアンコ(Palazzo Bianco)
: 1530年から1540年の間にルーカ・グリマルディのために建てられた。1884年にマリア・デ・ブリニョル=サレ公妃によって、パラッツォ・ロッソ同様に博物館転用を目的として寄贈された。
 
== 登録基準 ==
{{イタリアの世界遺産}}
 
{{DEFAULTSORT:しえのうあのれすとらあたぬおう}}
[[Category:リグーリア州]]
[[Category:イタリアの世界遺産]]