「草加事件」の版間の差分

114.48.10.169 (会話) による ID:25452687 の版を取り消し
(114.48.10.169 (会話) による ID:25452687 の版を取り消し)
{{Otheruses|1985年に起きた殺人事件|1962~63年に起きた爆弾・脅迫事件|草加次郎事件}}
 
'''草加事件'''(そうかじけん)とは、[[1985年]][[7月19日]]に[[埼玉県]][[草加市]]の残土置き場で同県[[八潮市]]在住の中学3年女子生徒の絞殺体が発見され、その容疑者として草加市在住の13~15歳の少年5人が逮捕、1人が補導された事件の通称である。検察側の主任検事は[[日本テレビ]] 『[[行列のできる法律相談所]]』に出演している[[住田裕子]]弁護士である。この事件は日本の[[冤罪]]史に残る事件である。
 
==概要==
被害者中学3年女子生徒側の親は『埼玉県警は何をしていたのか、直ちに再捜査し真犯人を一刻も早く捕まえて欲しい』と訴えたが、この事件は不可解な結論のまま、[[2000年]][[7月19日]]に[[公訴時効]]を迎えている。<!--少年たちが保護処分の取り消しを請求する理由は、公式には真犯人は逮捕された少年たちとなっている事-->
 
2009年4月19日放送の『テレビ朝日 サンデープロジェクト』によると、本件の検察側の主任検事は『日本テレビ 行列のできる法律相談所』に出演している『住田裕子弁護士』であるという。
取材に対して、守秘義務を理由に事実確認への回答を行っていない。
 
==関連項目==
*[[住田裕子]]
*[[冤罪]]
*[[事件]]
匿名利用者