「ザ・モップス」の版間の差分

m
細部の追加訂正
m (→‎メンバー: 物故者のデータ追加)
m (細部の追加訂正)
1967年、[[ホリプロ]]と契約。同年11月、[[ビクターエンタテインメント|ビクター]]よりシングル「朝まで待てない/ブラインド・バード」でデビュー。いわゆる[[グループ・サウンズ]](GS)の中でも異色の存在として、コンサートはもとより、テレビ、映画、米軍キャンプなどでの演奏でも活躍。
 
1969年にベース担当の村上が脱退。メンバーの補充はせずに三幸の担当をそれまでのギターからベースへ変えて四人のまま活動を続けた。またこの年に[[EMIミュージック・ジャパン|東芝音楽工業]]へ移籍。GSブーム退潮後は、日本のロックの草創期、いわゆる「ニューロック」のバンドの1つとして活躍し、現代音楽の[[一柳慧]]の公演に加わるなど、ジャンルを越える活動も見せた。「御意見無用」(1971)、ヒット曲「月光仮面」(同)などをリリース。その後、[[吉田拓郎]]、[[井上陽水]]ら[[フォークソング|フォーク]]勢に提供された楽曲をヒットさせるなどして、1974年5月に解散。
 
==ディスコグラフィー==
===シングル===
*朝まで待てない/ブラインド・バード(1967年11月10日/victor) … B面のブラインド・バードはモップスの代表曲の一つにも数えられる曲だが、歌詞に[[放送禁止用語]]が含まれているために、最初のアルバム[[サイケデリック・サウンド・イン・ジャパン]](1968)以後のベストアルバムなどに収録されたことが無い(「サイケデリック〜」も再発 CD ではカット)。なお、両面ともに作詞は[[阿久悠]]である。
*ベラよ急げ/消えない想い(1968年3月5日)
*お前のすべてを/熱くなれない(1968年8月5日)
36

回編集