メインメニューを開く

差分

 
==概要==
日本に古くから野生していた日本固有の[[柑橘類|カンキツ]]である。[[和歌山県]]、[[三重県]]、[[山口県]]、[[四国]]、[[九州]]の海岸に近い山地にまれに自生する。近縁種には[[コウライタチバナ]](''C. nipponokoreana'')があり、[[萩市]]と韓国の[[済州島]]にのみ自生する(萩市に自生しているものは[[レッドリスト|絶滅危惧IA類]]に指定され、国の[[天然記念物]]となっている)。
 
樹高は2メートルから4メートル、枝は緑色で密に生え、若い幹には棘がある。
873

回編集