メインメニューを開く

差分

ヘンリー7世は1485年に即位した時点では、過去の反逆罪で私権を剥奪された状態にあり、自身の遺産相続権も凍結されていた。だがそれは即位によって消滅した。この後、議会は「ボズワースでヘンリー国王に対抗した者は反逆者である」と宣言した。
 
ノーサンバランド伯は[[1489年]][[4月28日]]、[[ヨークシャー]]にある自らの別邸で殺された。フランスからの[[ブルターニュ地域圏|ブルターニュ]]防衛(当時この地域はイングランド領)のための重税に抗議する暴徒に殺されたのだが、もう1つの理由は、ヨークシャーで依然人気の高かったリチャード3世の失脚と死、ノーサンバランド伯の裏切りが原因であったためである。
 
== 場所 ==
匿名利用者