「イマヌエル・カント」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: zh-min-nan:Immanuel Kant)
カントは三批判で表明された既成宗教への哲学的考察をすすめ『単なる理性の限界内における宗教』を著したが、これは当時保守化の傾向を強めていたプロイセンの宗教政策にあわず、発売を禁止された。カントは自説の正しさを疑わず、また学者同士の論争に政府が介入することには反対であったが、一般人が自由な言論によって逸脱に走る危険性を考慮して、この発禁処分を受け入れた。
 
[[1804年]]2月12日に逝去。晩年は老衰による身体衰弱に加えて[[老人性痴呆認知症]]が進行、膨大なメモや草稿を残したものの著作としてまとめられることは遂になかった。彼は最期に末期の水がわりに砂糖水で薄めた[[ワイン]]を口にし、「これでよい」(Es ist gut.) <ref>カントの最期の言葉については「おいしい」と翻訳すべきとする解釈もある。[[石川文康]] 『カント入門』 ちくま新書・[[筑摩書房]]、1995年5月。ISBN 9784480056290</ref>と言って息を引き取ったと言う。当時のドイツの哲学者は論敵をも含めてカントの死に弔意を表した。死去から半月以上経過した[[2月28日]]になって<ref>真冬だったことに加えて遺体は水分が抜けて半ば[[ミイラ]]化しており、埋葬を急がなくて済んだためという。</ref>大学葬が行われ、市の墓地に葬られた。その墓は現在も[[カリーニングラード]]に所在し、墓碑銘に「我が上なる星空と、我が内なる道徳法則、我はこの二つに畏敬の念を抱いてやまない。」と刻まれる。
 
==思想==
匿名利用者