「女形」の版間の差分

*老女・尼などは、[[江戸時代]]には[[花車方]]の役者が専門的に演じたものであり、現在でも[[老女形]](ふけおやま)などとして、通常の女形とは区別される。
*女の敵役(『[[伽羅先代萩]]』の八汐、『[[加賀見山再岩藤]]』の岩藤など)は、女形ではなく、敵役の役者の職掌である。現在では「[[敵役]]」という区分は消滅し、[[立役]]のうちに吸収されているが、江戸時代以来の伝統を重んじてこういった役は立役が演じる。美貌を売り物にする女形役者がこうした役をつとめると、ふてぶてしい極悪人であることを観客に納得させることが容易ではなく、舞台演出が困難になってしまうことが配慮されていることもそのひとつの理由である。
*端役のなかにまれ見られる女の道化役(『[[仮名手本忠臣蔵]]』の下女りん、『[[妹背山婦女庭訓]]』の豆腐買など)は、女形ではなく、[[道外方]](およびそれを吸収した現在の立役)の職掌である。
 
女形が演じるのは「[[三姫]]」(八重垣姫、雪姫、時姫)に代表される姫君や花魁や若い娘や人妻、奥女中などである。ただし『[[三人吉三]]』のお嬢吉三や『[[青砥稿花紅彩画]]』(白浪五人男)の弁天小僧のような女装の美少年を演じるのも女形である。