「保証」の版間の差分

 
=== 継続的保証 ===
一定の範囲で継続的に発生する不特定の債務を包括的に保証するという保証の形態を'''継続的保証(根保証)'''といい、その債務の範囲として金銭の貸渡しや手形の割引を含むものを貸金等根保証という([[b:民法第465条の2|465条の2]])。
;貸金等根保証:継続的保証([[b:民法第465条の2|465条の2]])
 
: 継続的に発生する債務に対して包括的に保証する。例として、身元保証や信用保証がある。[[商工ローン]]で問題となることが多く、これについては[[クレサラ問題]]の記事を参照。
: 「民法の一部を改正する法律」が平成17年4月1日より施行され、貸金等根保証についてそれまでの取扱いを大きく変える改正がなされた。
 
: 「民法の一部を改正する法律」が平成17年4月1日より施行され、貸金等根保証についてそれまでの取扱いを大きく変える改正がなされた。
 
=== 共同保証 ===
5

回編集