「セント・ジョセフ・インターナショナル・カレッジ」の版間の差分

その後[[1934年]]には、[[ヤン・ヨセフ・スワガー]]が設計した講堂兼体育館を増築するなど規模を拡張し、その後勃発した[[第二次世界大戦]]と[[イギリス]]や[[アメリカ合衆国|アメリカ]]などの[[連合国]]軍による占領を経てさらに規模を拡大し、[[1956年]]からは[[外人墓地]]脇に建つベーリックホールを寄宿舎として使用していた。
 
その後も[[高度経済成長期]]以降の日本経済の成長に伴う[[日本の外国人|在日外国人]]や[[帰国子女]]の増大を背景に児童、生徒数を増やし、隣接する[[フェリス女学院中学校・高等学校|フェリス女学院]]や[[横浜インターナショナルスクール]]、[[サンモール・インターナショナルスクール]]などとともに、横浜を代表するインターナショナルスクールとして市民に親しまれた。
 
===廃校===
匿名利用者