「大脳基底核」の版間の差分

歴史的に大脳基底核は、[[錐体外路]]性運動の中枢と考えられてきたが、近年では解剖学的に錐体外路という神経路が実在しないことから、誤解を避けるために錐体外路という用語は次第に使われないようになってきている。
 
黒質や腹側被蓋野のドーパミンニューロンが、報酬予測誤差に反応してphasicなバースト発火を示という発見から、大脳基底核が、報酬予測に基づく強化学習や行動選択のための神経基盤として考えられるようになってきた。多くの向精神薬の受容体が大脳基底核に高密度に発現しており(たとえばモルヒネ受容体であるμオピオイド受容体など)、薬物中毒や、習慣化した行動などにも関わっていると言われる。
 
== 参考画像 ==
2,130

回編集