「渋川尹繁」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
'''渋川 尹繁'''(しぶかわ ただしげ、生年不詳 - [[天文 (日本)|天文]]3年([[1534年]])?)は、[[室町時代]]後期-[[戦国時代 (日本)|戦国時代]]前期の[[武将]]。[[室町幕府]]の[[九州探題]]。[[本姓]]は[[源氏]]で[[足利氏]]の一門[[渋川氏]]の出身。父は[[渋川教直]]。兄弟に[[渋川政実]]、[[渋川万寿丸]]、[[渋川和是]]ら。子に[[渋川義長]]、[[渋川義長|渋川尭顕]]?。幼名は刀祢王丸。右兵衛佐と称す。肥前守護。
 
[[長享]]元年([[1487年]])、兄の万寿丸が筑前亀尾城で家臣に裏切られて殺害されると渋川家当主となる。長享3年([[1489年]])[[少弐高経]]によって肥前綾部館を攻撃され、筑後の犬塚城へ追われる。しかし、[[延徳]]3年([[1491年]])には高経の岳父[[大友政親]]によって犬塚城をも追われ、肥前勝ノ尾城へ移るなど九州探題の渋川氏は滅亡寸前まで追い込まれた。
匿名利用者