「オセルタミビル」の版間の差分

m
Roche社生成方法の出典 Sience
m (Roche社生成方法の出典 Sience)
'''オセルタミビル'''(Oseltamivir)は、[[インフルエンザ]]治療薬。'''オセルタミビルリン酸塩'''として、スイスの[[エフ・ホフマン・ラ・ロシュ|ロシュ]]社(日本ではロシュグループ傘下の[[中外製薬]])により商品名「'''タミフル'''(''Tamiflu'')」として販売されている。[[A型インフルエンザウイルス|A型]]にしか効果が無い[[アマンタジン]](商品名「シンメトレル」など)とは違い、A・[[B型インフルエンザウイルス|B]]両型のインフルエンザに作用する(B型には効きにくい傾向がある)。ただし、[[C型インフルエンザウイルス|C型インフルエンザ]]には効果がない。また、[[トリインフルエンザ]]はA型であるため、致死率が高い高病原性トリインフルエンザにも効果があるとされる。
 
オセルタミビルは従来、[[中華料理]]で[[香辛料]]に使われる[[トウシキミ]]の果実である[[八角]]の成分[[シキミ酸]]を原料に、10回の化学反応を経て生産されていた<ref>[http://www.u-tokyo.ac.jp/public/public01_180301_j.html 「抗インフルエンザ薬『タミフル』の純化学的製造法」『東京大学広報・情報公開記者発表一覧』]東京大学公式ウェブページ(2009年1月13日閲覧)</ref>。なお、オセルタミビルとシキミ酸は全く構造が違う化合物であるので、八角を食べてもインフルエンザには全く効果がない。現在、ロシュ社はシキミ酸のうち1/3程を遺伝子組替え大腸菌による生合成で量産している<ref>{{要出典Citation|last=Enserink|first=Martin|year=2006|month=April|title=Oseltamivir Becomes Plentiful--But Still Not Cheap|url=http://www.sciencemag.org/cgi/reprint/312/5772/382.pdf|format=PDF|journal=Sience|volume=312|publication-date=21 April 2006|page=383}}<!--どなたかお願いします--/ref>。
 
==概要==
383

回編集