「ニコル・アマルフィ」の版間の差分

アルテミスでの戦闘において、ニコルのブリッツは[[ミラージュコロイド]]を使った強襲を行い、アルテミス陥落の端緒となった。[[アークエンジェル (機動戦士ガンダムSEED)#アークエンジェル|アークエンジェル]]が第8艦隊と合流する前に攻撃を実行しようとした際には、戦闘時間を考えて慎重論を述べていたが、イザークとディアッカにあしらわれてしまう。
 
地球に降下後、[[オーブ連合首長国|オーブ]]近辺での戦闘において、ブリッツで出撃するが、アスランの搭乗する[[イージスガンダム|イージス]]を庇い、[[キラ・ヤマト|キラ]]の[[ストライクガンダム|ソードストライク]]によりシュベルトゲベール(対艦刀)で胴体を切り裂かれ、ニコルは[[戦死]]。彼の死はアスランとキラの間に決定的な暗い影を落とした。
 
戦いを好まない性格、そして部隊で最年少であるせいか、同僚のイザークやディアッカからはやや侮られていたが、本当はイザークもディアッカも内心ニコルを仲間と認めており、彼の死が結果として隊の結束を高めることとなった。
 
ちなみに、クルーゼ隊には「クルーゼの素顔を知ろうとした者は何故か戦死する」という[[ジンクス]]があるのだが、ニコルはクルーゼの素顔が気になっていたらしく、ニコルの戦死もジンクスどおりとうことになる(本当は気にしていなかったのだが、クルーゼ隊の先輩であるミゲル・アイマンから話を聞いて、急に興味がわくようになった。このことから彼の戦死の元凶はミゲルにあるのかもしれない。)
 
== 主な搭乗機 ==
匿名利用者