「アルジェリア民族解放戦線」の版間の差分

m
1951年の不正選挙に対応し、[[フェルハット・アッバス]]率いる[[アルジェリア宣言のための民主連合]](UDMA)、[[メッサーリ・ハジ]]率いる[[民主的自由の勝利のための運動]](MTLD)や[[ウラマー]]協会および[[アルジェリア共産党]]が糾合して「''自由防衛擁護協同戦線''」が結成された。
 
UDMAMTLDの地下組織である特殊組織(OS)はフランス官憲の手により壊滅したが、これがアルジェリア民族主義者達に重大な分裂を引き起こした。
 
1954年4月から7月にかけてフランス、アルジェリア、[[スイス]]の[[ベルン]]などで[[フランス国土監視局]]の監視の目をかいくぐって秘密会合が開催された。4月末には「''統一と行動のための革命委員会''(CRUA)」が組織された。ここで最高幹部9名が任命される([[歴史上の九人]])。7月には[[アルジェ]]にてアルジェリア各地で活動している主要革命行動組織を集めて拡大革命会議が開催された。ここで武力革命宣言がなされ、口伝で情報は広められた。
19,853

回編集