「オーストラリア」の版間の差分

m
==== バスケットボール ====
{{main2|[[:Category:オーストラリアのバスケットボール選手|オーストラリアのバスケットボール選手]]を}}
外国人としては史上2人目の[[NBAドラフト]]1巡目1位指名選手となった[[アンドリュー・ボーガット]]が最も有名。国内には[[ナショナル・バスケットボール・リーグ (オーストラリア)|NBL]]と呼ばれるプロバスケットボールリーグを持つ。男子[[バスケットボールオーストラリア代表|代表]]はこれまでに[[オリンピック]]出場11回、[[バスケットボール世界選手権|世界選手権]]出場9回を誇る。1996年[[アトランタオリンピックにおけるバスケットボール競技|アトランタオリンピック]]、2000年[[シドニーオリンピックにおけるバスケットボール競技|シドニーオリンピック]]と2大会連続で4位になるなど、オセアニアの王者としてだけでなく、世界的にも強豪である。その後の[[アテネオリンピック (2004年) におけるバスケットボール競技|2004年アテネオリンピック]]や[[北京オリンピックにおけるバスケットボール競技|2008年北京オリンピック]]、[[バスケットボール世界選手権|世界選手権]]には出場し続けるものの、成績はやや不振気味。現在若手への世代交代の最中で[[アンドリュー・ボーガット]]を中心とした新たなチーム作りをしている。この[[アンドリュー・ボーガット|ボーガット]]を中心に、近年NBAにドラフト指名される選手が複数出てきており、復活の兆しが見えている。[[バスケットボールオーストラリア代表|男子代表チーム]]のニックネームは「'''Boomers'''」。[[バスケットボールニュージーランド代表|ニュージーランド代表]]とは熾烈なライバル関係にある。<br>
 
[[バスケットボールオーストラリア代表|男子]]以上に世界的に有名で強いのが、[[バスケットボール女子オーストラリア代表|女子代表]]である。女王[[ローレン・ジャクソン]]を始め、数多くの[[WNBA]]選手を輩出し、2000年の[[シドニーオリンピックにおけるバスケットボール競技|シドニーオリンピック]]から2008年の[[北京オリンピックにおけるバスケットボール競技|北京オリンピック]]まで'''3大会連続で銀メダル獲得'''。[[2006年女子バスケットボール世界選手権|2006年の世界選手権]]では遂に優勝し、'''金メダルを獲得'''した。世界最強の[[バスケットボール女子アメリカ合衆国代表|アメリカ代表]]にとって最大のライバル国となっている。女子[[バスケットボール女子オーストラリア代表|代表チーム]]のニックネームは「'''オパールズ'''」。
442

回編集