「霰」の版間の差分

m (ロボットによる 追加: he:גראופל)
 
なお、[[天気予報]]の予報文では雪あられは[[雪]]、氷あられは[[雨]]として扱う。ただし、実際に雪あられや氷あられが降っても、観測上はあられであり、雪や雨が降ったとは言わない。
 
== 構造 ==
[[Image:Graupel encasing a snow crystal.jpg|thumb|left|250px|雹の表面。雪の結晶構造が見られない。]]
結晶の表面に凍った霧の粒が付着していることが多いため、霰の小粒を観測することには困難が伴う。さらに、被写界深度の限界があるためマイクロスコープを用いても同様。しかしながら、雪の結晶の観測同様、低温用のSEMを用いれば、明確に結晶の表面が観測できる。雹は雪と異なり、プレート、樹枝状結晶、コラム、および針という4つの基本的雪の結晶形状全てが混在した状態から成るため、規則正しい結晶構造は観測できない。
 
== 天気記号 ==
442

回編集