「参拝」の版間の差分

編集の要約なし
'''参拝'''(さんぱい)とは、[[神社]]や[[寺院]]に行って神仏を拝む行為のことである。なお、祈願者本人に代わって参拝することを'''代参'''(だいさん)、祈願した神社や寺院に参詣せずその方角に向って参拝することを'''遥拝'''(ようはい)という
同様の言葉に「'''参詣'''(さんけい)」があるが、参拝は拝むことに主眼があるのに対し、参詣は寺社へ詣でる(行く)ことに主眼がある。ただし、[[寺社]]に参拝するためにはそこへ詣でることになるので、一般には両者は同義の言葉とみなされている。[[観光]]や[[学校]]などによる[[社会科見学]]<!-- 、抜け道として[[参道]]を使用する場合 ←さすがにこれは参詣とは言わないと思う -->など、宗教的な意味あいの薄いものについて「参詣」と言い分けることもある。
12,018

回編集