「株式交換」の版間の差分

編集の要約なし
'''株式交換'''('''かぶしきこうかん''' 英 stock deal)は、[[会社法]]の用語の一つで、株式会社がその発行済株式の全部を他の株式会社又は合同会社に取得させること。結果として、その株式会社は他の株式会社又は合同会社の完全子会社(100%子会社)となる。つまり、2つの既存の会社を、一度に親子会社関係にしてしまう手続である。通常の言葉の意味とは全く異なる、会社法独自の用語なので注意が必要である。
==概要==
日本においては[[1999年]]([[平成]]11年)の商法改正により導入された(旧[[商法]]352条~363条)。[[2005年]]([[平成]]17年)に成立、[[公布]]された[[会社法]]においても引き継がれている。
#株式交換契約締結
#事前開示
#株主総会[[特別決議]]による承認(略式手続・簡易手続では不要) - 反対株主らには会社に対する株式買取請求権が与えられる
*反対株主らには会社に対する株式買取請求権が与えられる
#会社債権者異議手続
#事後開示
[[el:Ανταλλαγή μετοχών]]
[[en:Stock swap]]
[[en:Stock deal]]
匿名利用者