「錯誤」の版間の差分

m
勘違い騎士道事件へのへのリンク追加
m (勘違い騎士道事件へのへのリンク追加)
誤想防衛には3つのパターンがある。
#「急迫不正の侵害」がないのにあると思い込み、相当な手段で反撃した場合。
#「急迫不正の侵害」がないのにあると思い込み、相当な手段で反撃したと思ったが実は過剰な手段であった場合。(有名な「'''[[勘違い騎士道事件]]'''」がこれに該当する)
#「急迫不正の侵害」がないのにあると思い込み、過剰な手段で反撃した場合。
これを具体的に考えると、以下のようになる。
4

回編集