「重用区間」の版間の差分

m
+{{リンク切れ}}、内部リンク追加、スタブテンプレート変更
m (+{{リンク切れ}}、内部リンク追加、スタブテンプレート変更)
'''重用区間'''とは、[[道路]]が他路線と'''重'''複して供'''用'''されている区間のこと。[[道路法]]関連の公式文書でも用いられる。
たとえば道路の「総延長」は重用区間・未供用区間を含んだ延長を指し、「実延長」という場合は重用区間・未供用区間を含まない延長を言う。
 
一般的に[[国道]]同士が重複するときは番号が若い方、国道と[[県道]]が重複するときは国道が地図などで表され、標識もそれに従うが、場所によっては両方の標識が串団子のように表示される。一部では3段おにぎりとなった標識もある。
 
一般的に国道同士が重複するときは番号が若い方、国道と県道が重複するときは国道が地図などで表され、標識もそれに従うが、場所によっては両方の標識が串団子のように表示される。一部では3段おにぎりとなった標識もある。
 
== 関連項目 ==
== 外部リンク ==
使用例
* [http://www.kkr.mlit.go.jp/kensei/tochi/13.pdf 国土交通省文書における使用例(PDF)]
* [http://www.city.kawasaki.jp/53/53doukei/home/douro_siryou/pdf/toukei070401.pdf 川崎市道路統計書・用語の解説(PDF)]{{リンク切れ|date=2009年5月}}
 
{{Road-stub}}
 
{{DEFAULTSORT:しゆうようくかん}}
{{stub}}
[[Category:道路|しゆうようくかん]]
19,458

回編集