「クイックモーション」の版間の差分

編集の要約なし
'''クイックモーション'''とは[[投手]]が投球動作を小さく素早くすることによって[[盗塁]]を防ぐ[[投法]]のこと。'''クイック投法'''、略して'''クイック'''とも呼ばれる。
 
==概要==
[[南海ホークス]]の[[選手兼任監督]]であった[[野村克也]]が、盗塁の名手であった[[阪急ブレーブス]]の[[福本豊]]の盗塁を阻止するために考案した投法である。
 
野村は[[捕手]]および監督として福本の盗塁を阻止するために「ささやき戦術」「[[牽制球]]で悪[[送球]]させ、わざと進塁させて二塁で封殺する」「牽制で福本の脚にぶつける」「二死時に投手である前[[打者]]<ref>当時パ・リーグに[[指名打者]]制度はなく、同制度が採用されたのは1975年以降。</ref>を[[出塁]]させる」など、様々な案を考えたがどれも長続きせず、すぐに通用しなくなってしまった。
 
当時の野村には「盗塁阻止3秒説」という持論があり、投手がモーションに入ってから[[捕手]]の[[ミット]]に届くまでに約1.1秒、二塁に送球して[[走者]]にタッチするまでの時間を約1.8秒とし、合計約3秒で送球すれば盗塁した走者(福本)を刺せると考えていた。なお、この時の野村は現役晩年に差し掛かっており、肩が衰えていた。
 
野村は最終的に「二盗をアウトにするためには投手の投げるモーションにかかる時間を短くする方法以外に手はない」という結論に達し、投球動作を素早くするクイックモーションを考案する。野村の提案は南海投手陣に当初は受け入れ難かったが次第に受け入れられていき、クイックモーションを更に進化させて足をほとんど上げずに投げる「すり足クイック」も考案した。
 
1973年、クイックモーションを多用した南海はリーグ優勝を果たし、その後クイックモーションは他チームにも広まり盗塁を封じる投法として不可欠なものとなった。
 
クイックモーションが出来る以前は「盗塁を許したら捕手に責任がある」と言われていたが、これ以降「盗塁を刺すのは投手と捕手の共同作業」というのが一般的な見解となった。
 
実戦で使用できるようになるには充分な練習が必要であり、未熟な投手の場合は球速が落ちたり制球が悪くなることもある。フォームによっては体への負担が大きくなり'''投手生命を脅かす'''場合すらある。そのため、クイックを用いずにセットポジションから牽制を多投する事によって走者の動きを封じようとする投手もいる。また、[[小山正明]]などクイックモーションに批判的な解説者もいる<ref>小山の場合はクイック自体よりクイックモーション時に投球の質が落ちる投手を批判している。</ref>。
 
== 脚注 ==
匿名利用者